戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

【輸入ビジネス】転送会社のオススメはどこ?

貨物船

今回は前回の記事「【輸入ビジネス】海外の商品を日本に転送するには?」の
続きを書いていこうと思います。

前回の記事では、日本に商品を直送してくれない
海外ショップから買い付けを行うために
転送会社をどのようにして使うのか?

その詳しい方法などをお伝えしました。
今回はより具体的にどのような転送会社を使えばいいのか?

その辺について詳しく解説していきます。

普通じゃ仕入れられない商品を仕入れられるようになるだけで
ライバルを出し抜くことができるので
ぜひ最後までじっくり読んでみてください。

 

オススメの転送会社はどこ?

たとえば、私は今では個人の買い付けパートナーさんを雇っています。

なぜなら、転送会社を使うよりもコストが低く,
検品・梱包・発送も丁寧にやってくれるからです。

なので、最終的には個人のパートナーを見つけることを
オススメしますが、とは言っても最初はそうもいきません。

初期の段階では積極的に転送会社を使うことになります。

 

じゃあオススメの転送会社は?

と聞かれたら、私はインポートスクエアをオススメしますね。

 

なぜか?

 

まず、最もメリットとなるのは転送手数料が無料ってことです。

つまり、商品を転送会社に送ってもらいさえすれば
手数料なしで検品・梱包・発送をしてくれます。

その代わり、買い付け購入代行をしてもらう時は
買い付け代行手数料がかかりますし、

国際送料はもちろんこちら負担です。

 

ずっと無料かどうかは定かではありませんが、
現状は転送手数料タダでやってくれます。

 

国際送料はどれくらいかかるの?

送料自体はどこの転送会社でもだいたい同じです。

仮にバッグを1つを送るのであれば$40〜50くらい。
速達便のEMSなら$60〜かかってきます。

アパレルのジャケットやニットなどであれば
折りたたんで送ることができるのでより安くなりますね。

 

そして、FedExやDHLは一点ものだと
割高になってしまう可能性がかなり高いです。

仕入れる商品のロットが増えてきたらいいのですが、
輸入ビジネスを始めたばかりの人は
使わないほうがいいでしょう。

ただし、転送会社を使う場合は
転送会社指定の配送業者が存在するので
その辺りも考慮して選ぶようにしてください。

 

英語ができませんが、大丈夫ですか?

大丈夫です。

やり取りはすべて日本語で行けます。

なぜなら、転送会社というものは基本的に
日本人の海外在住の人が立ち上げている会社が多いからです。

逆に英語しか対応していない転送会社もありますが
英語ができない人がそういう会社を見つけることのほうが
はるかに困難なので心配はないでしょう(笑)

 

最後に

いかがでしたか?

前回と今回の計2回に渡り
商品の転送方法をお伝えしてきましたね。

海外からの仕入れルートの選択肢が多いだけでも
かなりライバルに差をつけることができます。

 

今は本当にいろいろなインフラが整っているので
輸入ビジネスで稼ぐチャンスが広がっています。

より詳しく輸入ビジネスについて学んでみたいという方は
以下の無料メール講座にも登録しておいてください。

それでは、今日はここまで!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

☆★無料プレゼントのお知らせ ★☆

下記の無料メール講座に登録していただくと、
初心者でも輸入ビジネスの基礎をマスターできる
10日間マスタープログラムをメールでお送りします。

個人が副業からできる輸入ビジネスの秘密を公開!「IBAメール講座」にご登録ください。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
Raku Itogawa
大阪モード学園 ファッションビジネス学科卒業後、年商数十億円規模のアパレルメーカーに入社。その後、アミューズメント・外食・物販事業など新店開発や既存店の収益改善に携わり、マネージャー職を歴任。外食事業を展開する企業では22歳で執行役員に就任。最高執行責任者として100名以上の人財教育、店舗支援、業務改善を担当。当時から神田昌典氏や米国の著名ダイレクトマーケッターの影響を大きく受け、店舗ビジネスでは10年以上前からダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れてきた。現在、日本屈指のコンテンツマーケッター 和佐大輔氏と日本最大級のライスワーク組織「RICEWORK LAB」を運営し、個人向け輸入コンサルティング、翻訳会社など複数の事業を展開している。また、ディストリビューターとして新進気鋭な海外ブランドの正規輸入販売店となり、全国のセレクトショップ・問屋などへ卸売事業も行う。数十社のブランドを取り扱い、並行輸入からメーカー総輸入元ビジネスまでアパレルに特化した輸入販売を得意としており、輸入転売だけをビジネスにする巷のBUYMAコンサルタントとは一線を画す存在である。ファッションビジネスの為に生まれたブランドではなく、「商品を通して、ブランドを通して、一人でも多くの人に気持ちを伝えたい。」そんな強い思いを持った海外ブランドの日本進出を支援する活動に力を注ぐ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています