戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

バイマやAmazonを活用した転売ってなんで違法じゃないの?

警察

今日はたまにいただく質問である 「転売って違法じゃないの?」 についてお答えしていこうと思います。

もちろん、私は大々的に輸入転売の手法を教えているので 結論から言ってしまえば違法ではありません。

しかし、気になってなかなか始められない人もいるかと思いますので、 どうして違法じゃないのか? 詳しく解説していこうと思います。  

 

私たちがやっている輸入ビジネスの位置づけ

私のクライアントさんを含め、 私たちが売っているものは並行輸入品というものになるんですね。

並行輸入とは何か? カンタンに言えば正規ルートではないルートで 仕入れた輸入品のことです。  

「正規ルートではない」なんて言うと 怪しい匂いがプンプンしますが、大丈夫です。

 

  詳しく難し~く説明するとこんな感じです。
並行輸入とは、正規代理店ルートとは別のルートで真正品を輸入することです。

海外の有名ブランド品等を、正規代理店以外の第三者が、
外国で合法的に製造・販売された商品を外国で購入し、
日本の総代理店契約者等の許諾を得ずに、正規代理店ルート以外のルートで輸入する行為を指します。

 

つまり「継続して輸入され、販売される商品、
特に有名な商標(ブランド)の商品はその商標権を持つ外国のメーカー
または輸出者と、日本の輸入者間の総代理店契約に基づいて輸入販売されることが一般です。

 

しかし、この商品が、輸入販売に関する正式の契約を結んでいない第三者によって輸入販売されることがあります。この第三者による輸入を並行輸入と呼んでいます。」

どうです? わかりましたか? 図解で表すと下記のようになります。

pic_heikoufaq01  

例えば、海外ブランドの正規輸入販売店や正規輸入代理店として、メーカーと直接契約した上で仕入れを行うのが正規ルートでの販売です。

逆に海外のブランド品を現地の直営店舗やセレクトショップなどの小売店舗又は並行輸入業者から買い付けてそれらを日本に輸入して販売するのが並行輸入です。

まだイマイチ違いが分かりにくいかもしれませんが、
物流・ルートが違うだけで商品自体は基本同じなんです。
ここが非常に重要です。

 

ルートが違うだけで同じものを売っているのだから それが違法になるってどーなの?
って直感的に思いませんか?  

しかも、ブランドによっては日本の正規輸入販売店や正規輸入代理店がある場合、
日本向けの商品にカスタマイズされていたりします。

つまり、正規ルートでは手に入らない品も 並行輸入なら手に入れることができる。
海外限定モデルなどがそれにあたります。
そういう付加価値を生むために 私たちは商売をしていると言ってもいいです。

 

  本来なら手に入れることができない、 日本向けにカスタマイズされていない 海外オリジナルのブランド品をお客さんにお届けする

こう聞けば立派な商売ですよね。

 

私自身は、海外メーカー(ブランド)からの正規輸入ルートは数十社あり、
その内、日本市場における独占販売権を取得し、総輸入元として販売するブランドもあります。

巷では総代理店などとよく言われていますが、正確には総輸入元や総販売店というのが正解です。

日本には代理店、販売店、問屋、商社などの明確な定義が存在しないため、このような誤った認識をしている商社マンも多いのが事実です。

まあ、この辺の説明については、別の機会にお話しすることにします。

 

とにかく独占販売権を取得するということは、そのメーカー(ブランド)から仕入れる正規輸入品を日本で再販できるのは、あなたの会社だけと定めた契約です。

 

つまり、日本におけるそのブランドの代表となる会社です。

契約条件は異なりますが、わかりやすい例で言うと、2015年6月までアパレル会社大手の三陽商会とイギリスのバーバリー社のライセンス契約をしており、バーバリーの商品を日本で販売できるのは、三陽商会のみとなっていました。

ライセンス契約は、知的財産権にかかわるもので、特許技術、実用新案、意匠、著作、商標など、ある企業の開発した技術、設計などのノウハウに対し、ライセンス料を支払い、ライセンス受諾者のリスクで製品を製造(生産)することができる契約です。

独占販売契約とは少し異なりますが、イメージとしてわかりやすいかと思いお話しさせて頂きました。

 

では、話を戻します(笑)

BUYMAなどのプラットフォームでは、 並行輸入品の販売が前提である故、 それが違法であればテレビCMを行ったり、ましてや株式市場への上場など到底できませんよね。

BUYMAを運営する㈱エニグモは、2012年7月に東京証券取引所マザーズ市場に株式上場を果たしています。

 

輸入転売における注意点

先ほどから説明しているように、並行輸入品を販売すること自体は違法ではありません。
しかし、いくつか注意点があります。 まずブランドの商標を害するような行為は違法です。

たとえばBUYMAなどでブランドロゴをそのまま自分の商品ページの
商品画像として使ってしまうとブランド側から使用停止命令がきたりします。  

また、自社サイト・ネットショップを作るときに 自分のドメインに対して
prada-shop.jp channel-site.com など、ブランド名を入れるのはやめたほうがいいです。
かなりの確率で停止命令が来ます。

 

そういったドメインをブランド側が見つけると 、
まず国際特許事務所のような専門機関から代理通達が来ることが一般的です。

海外メーカー(海外の専門機関)⇒日本の専門機関⇒あなたの元へ書面で届く という流れですね。
実は、私も知らずにやってしまったことがあります(;・∀・)

その時は取り扱っていたブランドのキーワードでGoogleで上位表示が出来ていたので非常に売れていました。そういったこともあり、目に留まったんだと思います。

しかし、よくよく考えたら分かることなのですが 、ブランド名のドメインを使うということは、消費者がブランド直営オンラインと勘違いしてしまう可能性がありますよね。
なので、もれなく私のところにもドメイン変更の通達が来たということです。

内容は以下のとおり。

「並行輸入で販売すること自体は問題ありません。 ただし、ドメインは変更してください」

ただ ドメインを変更するということは、 検索結果から自分のページが消えてしまってイチからやり直しすることを意味します。

このような失敗は別として、今まで書いた内容を見てもらえれば分かる通り、 輸入転売自体は違法ではありません。

 

ただし、やり過ぎは禁物!

昨年、スタバの福袋買い占め事件などがありました。
何十個か限定の福袋なのに 一番前にいた人が買い占めちゃったんですね。

しかも、その人は並んでいないんですよ。 椅子だけ置いて車で待機です。
で、その人が買い占めちゃって ヤフオクで転売してしまった事件です。

もちろん、そういうのも法律的には問題ないかもしれませんが、 モラル的にどうなのかと思いますし、 そういうことをやっていると いずれ規制されても文句は言えないですよね。

と言うか、真っ当に転売する人達の品格が疑われるので 本当にそういう行為はやめて欲しいと思います。

ただ、何度も言いますが、 並行輸入自体は問題ありません。
ドン・キホーテもブランド品を扱っていますが、 実はアレも並行輸入品です。 
事実、ドン・キホーテの公式サイトでも下記のように堂々と公開されています。

スクリーンショット 2016-02-10 20.29.01

でも全く問題ないでしょう?
要するにそういうことです。  

 

まとめ

並行輸入での転売は違法ではありません。
ただし、気をつけなければならないポイントも いくつかあるので、そこだけは注意してくださいね。

さて、ここまで読んでみてBUYMAアパレル輸入転売で今から6カ月以内に月商100万円以上を達成したいなら、1カ月無料でお試しできる特別なオンライン講座をご案内します。

主婦やサラリーマンのお小遣い稼ぎとして在宅で取り組む人から、輸入ビジネスで本気で起業を目指す人など、たくさんの人が講座を受講されています。

週に1回お届けするコンテンツに沿って実際に取り組んで頂く通信講座形式で、私がやってきたBUYMA輸入転売の集大成とも言える内容です。

とりあえず無料で試してもらうことができるので、あなたには金銭的リスクは一切ありません。

オンライン講座は、基礎の基礎から学べるコンテンツなので、全くの初心者でも大歓迎です。

むしろそのような人達のために制作したオンライン講座です。
忙しい合間を見つけて自宅やカフェなどの環境で学びながら取り組んでください。

パソコンとネット環境さえあれば、すぐに始めることができます。

詳細は今すぐこちらからチェックしてください。

それでは本日はここまで!
最後までお読み頂きありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Raku Itogawa
大阪モード学園 ファッションビジネス学科卒業後、年商数十億円規模のアパレルメーカーに入社。その後、アミューズメント・外食・物販事業など新店開発や既存店の収益改善に携わり、マネージャー職を歴任。外食事業を展開する企業では22歳で執行役員に就任。最高執行責任者として100名以上の人財教育、店舗支援、業務改善を担当。当時から神田昌典氏や米国の著名ダイレクトマーケッターの影響を大きく受け、店舗ビジネスでは10年以上前からダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れてきた。現在、日本屈指のコンテンツマーケッター 和佐大輔氏と日本最大級のライスワーク組織「RICEWORK LAB」を運営し、個人向け輸入コンサルティング、翻訳会社など複数の事業を展開している。また、ディストリビューターとして新進気鋭な海外ブランドの正規輸入販売店となり、全国のセレクトショップ・問屋などへ卸売事業も行う。数十社のブランドを取り扱い、並行輸入からメーカー総輸入元ビジネスまでアパレルに特化した輸入販売を得意としており、輸入転売だけをビジネスにする巷のBUYMAコンサルタントとは一線を画す存在である。ファッションビジネスの為に生まれたブランドではなく、「商品を通して、ブランドを通して、一人でも多くの人に気持ちを伝えたい。」そんな強い思いを持った海外ブランドの日本進出を支援する活動に力を注ぐ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています

IBAブログを購読

IBAブログを購読して役立つ情報をいち早く受け取りましょう!