戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

【バイマ無在庫販売】仕入れ先を見つけるための具体的な手順(実践編)

買い物カゴ

  今回は、仕入れ先を見つけるための具体的な手順についてお話します。 前回はBUYMAでライバル出品者が安く販売できるカラクリについてお話しました。安く仕入れるコツを詳しく知りたい方はぜひチェックしてください。   では、本題の仕入れについて。 一緒に実践していく準備はよろしいですか?   まず、安く仕入れる話の前提として、そもそも仕入れをしないと輸入ビジネスは始まりません。 なぜなら、輸入ビジネスを始めたなら、どんどん出品する必要があるからです。売らなければ利益にならないので当然ですよね。   出品するためには仕入れ先を見つける事を優先するべきです。売る商品を決めてしまわないと出品すらできないので。   でも、 「仕入れ先はどこからあたっていけばいいの?」 と考えて混乱してしまい、そこで止まってる人を多く見かけます。   あるいは、 「頑張って良い商品を見つけたのに、仕入れをするための良いショップを見つけられない。」 ということもありますよね。   今回の記事では

  • 仕入先を見つけるための2つのリサーチ方法
  • 売れる商品を見極める具体的な手順とは?
  • 売れる商品を狙い撃ち!検索スキルの高め方
  • どこよりも安く仕入れられるショップの探し方
  • 輸入ビジネスで利益を出すための最初のステップ

などがわかるように構成を工夫して、読みながら実践も一緒にできるようにしています。 ぜひ最後まで読み通して実践してくださいね。  

 

BUYMA輸入ノウハウ①仕入れ先を見つける方法

仕入れをする場所は

  • アウトレット
  • 海外のショップ

から基本的に探します。(具体的な手順は後ほど説明)   ただ、どのサイトをどのように使うのか?といえば、人によって違ったりすることもあります。 今回は最も基本的で実践的でもある方法画像付きで説明していきますね。   使うサイトも最低限且つ使えるサイトに絞ってお話しします。 (というのもこの方法だけで十分利益の見込める商品が探せるので)    

使うサイトは二つ

今回利用するサイトは

  • BUYMA(バイマ)
  • ショップスタイル

の二つです。   二つとも知ってるサイトでしたか? もしかすると、ショップスタイルは知らない人もいるかもしれないですね。   一応説明しておくと、仕入れ先を見つける際に一番最初に押さえるところが、ショップスタイルです。 ショップスタイルは、海外の正規取り扱い店を紹介するまとめサイトのようなものです。 サイト中で色々なセレクトショップがここに登録されており、それぞれのショップに飛べるようになっています。 どちらかだけを使うのではなく、バイマと組み合わせて使うと良いでしょう。  

BUYMA輸入ノウハウ②海外から仕入れをする具体的なステップ

  では、実際にBUYMA(バイマ)とショップスタイルを使って仕入れ商品を探してみます。 ・3万円を超える高い利益を確保できる商品 ・人気度の高い商品 という二つの条件が揃ったものをBUYMA上で探す必要があり、見つかったアイテムを、次はショップスタイルで調べていきます。 (この条件はこの記事を通して大事になってくるので必ず覚えておいてください) では、一緒に実践する準備はよろしいですか? 8つのステップに分けて説明していくので、今回は

  1. まずはバイマを開く
  2. 利益の出る3万円以上の商品を探す
  3. 商品の絞り込み方法
  4. アクセス数や欲しいもの登録数だけを信じてはいけない
  5. ショップスタイルで調べる
  6. 特定の商品をワンクリックで簡単に探しやすくするアプローチ
  7. ショップスタイルで商品を探す注意点
  8. セレクトショップに行ったら、後は買うだけ

の順に紹介します。 一つ一つのステップを一気に覚えるのではなく、その場その場で一緒に実践していただければ、身体で覚えることができるので、ぜひこの場でやってみてくださいね。    

ステップ1:まずはBUYMA(バイマ)を開く

バイマに行ってみましょう。クリックするとここからでもバイマに飛べます。   BUYMA(バイマ)を開いたら、トップページから少し下がったところにあるNEW ARRIVALSをチェックします。 ニューアライバル ここに表示されているものは、BUYMAがピックアップしてる新着アイテムです。 BUYMAとしても売り出したいので、アクセスを集めたいのです。 TOPページ中央に配置されていることもあり、アクセスもかなり集まりやすい商品が多いのでNEW ARRIVALSは注目すべきですね。   NEW ARRIVALSでは、この先売れ筋になる商品があるので、ここから仕入れ商品を調べるという方法もアリです。 では、早速NEW ARRIVALSから夏のシーズンのかごバッグをみてみます。 (かごバッグは人気ですよね) かごバッグ かごバッグがズラーっと出てきます。 ここからもっと詳しく絞り込んで探していきましょう。    

ステップ2:利益の出る3万円以上の商品を探す

まずは、価格帯を絞り込むために値段の数値を入れてみます。値段入力 値段の下限を決めるところに入力するのですが、販売価格帯は3万円以上。 さっき説明した ・3万円を超える高い利益を確保できる商品 ・人気度の高い商品 という条件を満たすため、上の条件から絞っていきます。   高単価、利益率重視です。なので高いもの(3万以上)なら利益が出やすくなります。 (3万円以上の理由として、水着などの元々が安いアイテムを除けば、これまで平均的に利益を高く出せる事がわかっています。) もちろん、3万円以上というのは私の価格戦略なので、全ての方に当てはまるというわけではありません。 ただし、1個売れた時の粗利を考えると、このぐらいの価格帯以上を攻めるほうが効率的といえます。   実際に薄利多売でも不可能ではありませんが、ビジネスをする上で割に合わなくなるので、安い商品ばかり選んでいると作業がとても辛くなってきます。 会社勤めよりも長い時間、パソコンにかじりついて遊ぶ時間も休む時間もなく仕事をしたいですか? そんなこと、聞くまでもないですよね。 そのために凄く重要になってくるのが、利益が大きい商品を選定することなのです。    

ステップ3:商品の絞り込み方法

絞り込んだ件数が、500件程度あるとしたら、全ての商品をチェックするのは大変ですよね。 なので、もう少し絞り込みたい場合は、ブランドで絞りこむこともできます。 さらに、こだわり検索といって、特定の柄だけに絞り込むなどもできるので、あらかじめ探したいアイテムのイメージが決まっているのであればかなり便利な機能ですね。 ただ、基本的にそこまで絞り込む必要はありません。 今回は、試しにこのままの状態で人気順で見てみましょう。   では、ここでアクセス数が多いアイテムをチェックしたらいいのか? といえばそうではありません。    

ステップ4:アクセス数や欲しいもの登録数だけを信じてはいけない

商品ページではアクセス数、ほしいもの登録数を見る事が出来ます。 ですが、これらは ”出品してから今に至るまでの数字” なので、そのまま信じることはしません。   例えばです。 仮に去年一年ずっと出品してるものなら、去年からのアクセス数が全て表示されます。 一ヶ月前に出品した商品と比べたら、一年前の商品の方がアクセス数で勝ってるのは当たり前ですよね? なので、アクセス数だけで人気は判断できません。   欲しいもの登録数も、これと同じ理由で人気を判断する材料としては弱いです。   ならアクセス数自体は無意味なのか? というとそうではありません。活用できる場面もありますが、参考にせずに仕入れするアイテムを決めることがあるので柔軟に対応してくださいね。 「柔軟に対応」といっても難しいので、ここからは具体的な人気度を測る方法を

  • 正確に人気度を測る二つの方法
  • 結論:人気順でみて問い合わせを確認する

の二つの話に分けて説明します。 BUYMAで仕入れする商品を探す際に必要な知識なのでしっかり読んでくださいね。    

正確に人気度を測る二つの方法

売れる商品を選定するために人気度の高い商品を選ぶ必要があります。 人気を測るには二通りの手段があるので、それぞれ見ていきましょう。     一つが、今年のモデルのアイテムを確認すること。 アクセス数を見ていく場合、短期間でアクセスがたくさんある商品ならば人気だと言えますよね? なので今年のモデルであれば、出品されてから期間は経っていないので、そこまで古くないと判断できます。   二つ目が、直近のお問い合わせを確認すること。 新しいモデルではないならアクセス数が使えません。なぜなら古いモデルだと人気がなくても昔のアクセスがたまりっぱなしだからです。 ならば古いモデルのアイテムはどのように人気度を判断するかといえば、直近のお問い合わせを見ます。 最近の問い合わせがあるということは、 他にも見込み客が居るだろう と判断する目安になります。   逆にアクセス数と欲しいもの登録数がめちゃくちゃ高いのに、お問い合わせが直近に無いということは、 ”出品した時期が古いだけで今は人気がない” と判断ができるわけです。    

結論:人気順を見て問い合わせを確認する

もし出品者が1年前の在庫を不良在庫として出品し続けてる場合、必然的にアクセスや欲しいもの登録数は増えていきます。 つまり”アクセス数や欲しいもの登録数” 単体では人気かどうかは調べられないということですね。   いいですか?   まず、一つの基準としては人気順でみること一般の個人用に買うユーザーもこの順番でみるので、同じ目線で商品を見つけられます。 ただし、アクセス数、欲しいもの登録数だけの数字に騙されないように気をつけてください。 その中で、商品に直近の問い合わせがあれば、その商品はすごく売れる可能性が高い、と推測できます。    

手順補足:ブランドがどこの国のものかを調べる方法

さて、ここまででBUYMAで3万円以上の人気商品を見つけることができるようになったはずです。 ですが、一点だけ補足させてください。 先ほどお伝えしたような流れで仕入れする商品を探していると、必ず、自分のよく知らないブランドのアイテムがヒットします。   そんなときにブランドの情報をすぐ確認する方法を補足として紹介しますね。   例えばあなたがラルフローレンがどこのブランドかわからないとします。 もしそうだとしても、BUYMAは親切にどこの国のブランドか記載してくれているので、それを確認する方法を紹介しますね。 まず、ラルフローレンの商品ページに記載されているブランド名をそのままクリック。 ブランドページ そうすると、ラルフローレンのブランドページにそのまま移動します。これでアメリカのブランドだとわかりますね。 たったこれだけです。   これでBUYMA(バイマ)で仕入れアイテムを探す流れとしては完成です。   ・3万円を超える高い利益を確保できる商品 ・人気度の高い商品 の両方の条件にあったものを探してください。 次の手順ではその上で、ショップスタイルを活用していきますね。    

ステップ5:ショップスタイルで調べる

ここまではBUYMA(バイマ)での話でした。 ここからはショップスタイルを使うので、こちらのサイトをクリックして開いてください。   まず、さっきはBUYMAでマイケルコースのかごバックを調べてみました。 それで商品を探していて、こういうのを見つけたとします。 マイケル アクセス数とほしいもの登録は高い数値でした。 今年の春夏モデルなので、直近のお問い合わせもあるし、3万円も超えています。 ・3万円を超える高い利益を確保できる商品 ・人気度の高い商品 両方満たせていますから、条件としては十分です。   そして商品コメントを見て、英語の商品名が記載されてるか確認します。 (あればそのままショップスタイルで検索するだけです) 今回は英語の商品名が無いので、ブランドから検索します。 ブランド名をクリックすると マイケルブランド ブランドの詳細がわかりますね。(先ほど紹介した方法です) 始めてのブランドならこのように確認してください。   ここまでは出来ましたか?   できたなら、 ここでブランド名をコピーするか、もしくは商品ページから英語の商品名をコピーします。 これをショップスタイルで貼り付けてみましょう。 検索 国をUS(アメリカ合衆国)にします。 次に検索窓に、マイケルコースをコピーしたものを入力すると、たくさん出てくるはずです。    

ステップ6:特定の商品をワンクリックで簡単に探しやすくするアプローチ

マイケルコースはカゴバック以外のアイテムもいっぱいあるので、調べるのが大変ですよね。 (商品名がわかっていない場合の話です) そんなときは左のカテゴリで、バッグを選択します。 カテゴリ ブランドだけで調べると、大量に表示されますが、バッグに絞り込むと調べやすくなります。 これで上から順番に見ながら、かごバッグを探します。    

ステップ7:ショップスタイルで商品を探す注意点

BUYMA(バイマ)で探した商品と同じモノを見つける必要があるのですが、ここで注意点があります。 こういうバッグの場合、デザインが同じでもサイズ違いもあったりするんです。 一見安いと思ってもサイズ違いの可能性もあるのでそれだけ注意してください。    

ステップ8:セレクトショップに行ったら、後は買うだけ

ショップスタイルで商品を選ぶとセレクトショップのページにそのまま飛びます。 セレクトショップ 画像はマイケルコースの直営サイト。 夏物なので、既に割引かかって、156ドルになってます。   このすごさ、わかりますか?   実際に売ってるのが、日本の公式価格でで54000円のものが、ここで33000円で売ってるということなのです。 この時点で利益が出るとわかるでしょう。   雑費を差し引いても5000~10000円ぐらいの利益が出ますね。 このように仕入れる商品を探していきます。   ここまで、

  1. まずはバイマを開く
  2. 利益の出る3万円以上の商品を探す
  3. 商品の絞り込み方法
  4. アクセス数や欲しいもの登録数だけを信じてはいけない
  5. ショップスタイルで調べる
  6. 特定の商品をワンクリックで簡単に探しやすくするアプローチ
  7. ショップスタイルで商品を探す注意点
  8. セレクトショップに行ったら、後は買うだけ

の8つのステップに分けて説明しましたが、実践できましたか?   これを大きな流れに整理すると、 ・3万円を超える高い利益を確保できる商品 ・人気度の高い商品 という二つの条件が揃った商品をBUYMA(バイマ)で探します。 見つけた商品をショップスタイルで調べて、価格差を見て利益が出るかどうかを見る。 これだけですね。    

 BUYMA輸入ノウハウ③普段から検索するネタをため込んで効率的に探す

ここまで説明した流れをどんどん繰り返していくことが基本です。 割と簡単に仕入れ先を見つけられることがおわかりいただけましたよね。   ポイントは、イケそうなブランド、アイテム等をピックアップすること。ぱっと見でいいので。 それをどんどんBUYMAで見つけてメモなどをしてためていくことです。 その後にまとめてショップスタイルに検索をかけていきましょう。 一つひとつサイトを切り替えて検索してたんじゃ効率悪くなるばかりなので、まとめてリサーチすると効率的です。 今回は、マイケルコースで利益が出ることがわかりました。 じゃあ、同じブランドの他のかごバッグでも利益を出せるかもしれない、と考えることができます。 こういった利益の出る商品のアタリをBUYMA(バイマ)で先に見つけていきましょう。 逆に、売れ筋のヒントもなにもわからないときは、片っ端から見ていくのも良いです。   いっぱいBUYMA(バイマ)で調べてから、最後にショップスタイルでチェックしていったほうが効率は良いでしょう。    

まとめ

  いかがでしたか? 今回は、 ・ 仕入れ仕入れ先を見つける方法 ・海外から仕入れをする具体的な手順 ・ 普段から検索するネタをため込んで効率的に探す この三つについて深く掘り下げて説明しました。   特に具体的な手順は画像付きで最初から詳しく説明しているので、この記事を見ながらあなたも実践していたら良い商品をすでにみつけられたと思います。 輸入の際に仕入れ商品を探すことは特に難しいことではなく、決まったパターンの作業で簡単に見つけられるということがおわかりになったはずです。   仕入れそのものについては、この記事で重要なことをほとんど説明してますが、もしあなたがまだ出品経験がないとしたら、仕入れだけでなく、輸入ビジネスの基礎を一通り体系的に理解しておくことも重要です。 10日間マスタープログラム 出品のお話まではこの記事ではしなかったのですが、仕入れと出品は別の作業のようで、お互いに繋がっています。

  • 出品のことをわかってるからこそ仕入れに活かせる
  • 仕入れのことをわかってるからこそ出品に活かせる

なんてことはザラにあるわけです。 なので、部分的なノウハウだけを手に入れればいいのではなく、基礎を全体的に知っておく必要があるんですね。 その辺のサイトなどを拾い読みした曖昧な知識ではなく、実践に活かすための生きた基礎を学ぶことになるので、そのまま初心者でも利益を出しながらビジネスを軌道に乗せられるようになるでしょう。 具体的には、

  • 輸入ビジネスの全体像が見えるので、次に何をしたら良いのか迷いが無く作業に取り組める
  • “売れるかどうか不安になりながらリサーチする”のではなく、売れる確信を持って当たり前のように利益を上げる
  • 知らないテクニックや知識を学ぶとき、基礎を押さえていればすんなりと理解出来る
  • わかったような気でいるだけでなく、実際に身体で理解し行動と結果が伴う知識が学べる

といった 10日間マスタープログラム 輸入ビジネス初心者の方はこちらの無料講座を今からでもぜひ活用してください。   それでは今日はこの辺で。 最後までお読みいただきありがとうございました。   ↓ブログの応援もお願いします↓ ポチッとクリックしていただけると幸いです(#^.^#) 輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
Raku Itogawa
大阪モード学園 ファッションビジネス学科卒業後、年商数十億円規模のアパレルメーカーに入社。その後、アミューズメント・外食・物販事業など新店開発や既存店の収益改善に携わり、マネージャー職を歴任。外食事業を展開する企業では22歳で執行役員に就任。最高執行責任者として100名以上の人財教育、店舗支援、業務改善を担当。当時から神田昌典氏や米国の著名ダイレクトマーケッターの影響を大きく受け、店舗ビジネスでは10年以上前からダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れてきた。現在、日本屈指のコンテンツマーケッター 和佐大輔氏と日本最大級のライスワーク組織「RICEWORK LAB」を運営し、個人向け輸入コンサルティング、翻訳会社など複数の事業を展開している。また、ディストリビューターとして新進気鋭な海外ブランドの正規輸入販売店となり、全国のセレクトショップ・問屋などへ卸売事業も行う。数十社のブランドを取り扱い、並行輸入からメーカー総輸入元ビジネスまでアパレルに特化した輸入販売を得意としており、輸入転売だけをビジネスにする巷のBUYMAコンサルタントとは一線を画す存在である。ファッションビジネスの為に生まれたブランドではなく、「商品を通して、ブランドを通して、一人でも多くの人に気持ちを伝えたい。」そんな強い思いを持った海外ブランドの日本進出を支援する活動に力を注ぐ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています

IBAブログを購読

IBAブログを購読して役立つ情報をいち早く受け取りましょう!