戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

輸入ビジネスと徹底比較!せどりでは売れない?失敗してしまう7つの理由

せどりで失敗する7つの理由

今回は、せどりでは売れない?失敗してしまう7つの理由についてお話していきます。

せどりは特別な能力がなくても手軽に始められる代表的なネットビジネスとして紹介されています。

そのため、せどりから副業にチャレンジした方も多いようですが、挫折した方の声もその分多く聞きますね。

 

 

では、

せどりでは商品は売れないのか?

といえば、実際に稼いでる人が日本に少しでもいる限りは

「絶対に稼げない」

なんてことはないでしょう。

 

しかし、せどりをいざ始めてみると

全然売れない! なんて人がほとんどです。

 

もし、今

「せどりでなかなか売れないんだよな・・・」

とあなたが思いながらこの記事を見てる人は要注意です。

 

せどりでは

「タダだらだら作業するだけでは売れません」

 

そこで、売れないままずっと同じことを続けるか、なぜ売れないのかを考えるかで、未来が変わってきます。

あなたはそこで、立ち止まって冷静に次にすべきことを考えることができるでしょうか?

具体的には、なぜ売れないのかを知り、

  • このまませどりを続けていくべきか?
  • ビジネスの方向性を修正していくべきか?

を自分で考えて決められるようになることができるかどうか、です。

 

そこで思考停止して同じことを繰り返していても稼げるようにはなりませんからね。

 

今回は

  • せどりはなぜ売れないのか?
  • そもそもせどりは成功するのか?
  • 売れないならば何をしていけばいいのか?

 

といったことがわかるようにお話をしていきます。

 

 

 

せどりで売れない理由が分かればやるべきことが見える?

もし、あなたがビジネスをまだ始めていない、もしくは始めたての状態であれば、

今日紹介する失敗の理由から次のビジネスにどうやって進めばいいかが見えるはずです。

 

間違った認識を持ったまま

“自分の目的に合わないビジネス”

を始めてしまったら時間がもったいないので、どんなビジネスを行っていくかはとても大事です。

 

例えば、副業で始めるつもりなのに、24時間常に監視しなければいけないビジネスであったり

サラリーマンをいずれやめて自由になるつもりなのに、サラリーマンよりも割に合わないビジネスを始めてしまったら・・・

 

せっかく仕事(あるいは家事や育児)で疲れた身体にムチを打ちながら作業をしていると時間がもったいないですよね。

 

 

どうせ始めるならば、

利益をたくさん出して、生活に余裕を持って、好きなモノを買い、好きな時に遊び、好きな時に仕事をする

ようなビジネスを自分の手で作り出すべきです。

 

そういった利益を拡大するようなビジネス展開が実現できるヒントも同時に記事内で紹介していくので、

せどりをしようと思ってる方、もしくは上手くいかなかった方は最後までしっかり読んでくださいね。

 

 

せどりは売れない?今から始めてもほぼ確実に稼げなくなる理由とは?

せどりが稼げるのか稼げないのか? 結論から言えば、今から始めても稼げる可能性はほぼ無いに等しいです。

今の時点で

「せどりってなかなか稼げないかも」

と思いながら作業している人もこれから大金を稼げる可能性はかなり低いでしょう。

なぜか?

それには7つの理由があるのです。

1つずつ解説していきますね。

 

せどりでは売れない理由1:市場が成熟している

成熟した市場

実は、昔はせどりでは稼ぎ放題でした。

せどりのブームのときは参入したらサルでも稼げるような割のいい副業だったのです。

大多数の人が相当稼げましたが、その頃に比べると今は稼げません。

なぜなら、状況が今と当時でまるで変わってるからです。

 

まず、昔はブックオフなどの古本を探れば、信じられないほどの利益率の商品が有り余るほどありました。
そのため、たくさんの人がせどりに身を乗り出したわけです。

たしかにその頃だと新規参入した、ど素人でも笑いが止まらないほど売れたに違いありません。

 

しかし、そのせどり実践者が100人から1000人、1000人から1万人・・・と数が増えていったら・・・?

利益の出る商品は確かに無数にあるかもしれませんが、「利益を出しやすい商品」は真っ先にライバルと取り合いになります。

 

つまり、あなたが100円で買った本を1万円で売ろうとしても、ライバルも100円で本を買ってるので、こちらより安く5000円で売ってくるのです。

なら、あなたも負けてられませんから、3000円にして売り、相手は1500円にして売り・・・最後は200円に・・・と、適正価格まで、値下げ競争になるわけです。

 

一生懸命探して丸一日かけて見つけた本を100円で仕入れて200円で売れたとしたら・・・割に合いませんよね?
今ではブックオフ自体がネットでの販売に乗り出す始末。
今は昔ほどの利益率はほぼなく、薄利多売の戦いになっています。

もちろん、それで売れればいいのですが、気の遠くなるようなリサーチと仕入れ作業をしているにも関わらず全く売れずに在庫だけがたまっていくなんてこともザラにあるわけです。

 

 

せどりでは売れない理由2:売れ残った場合の在庫リスクが大きい

在庫リスク

そして、不良在庫、つまり売れなくなった場合が悲劇です。

当たり前のことですが、売れない商品は在庫になります。

 

どれだけ利益の大きい商品を見つけて仕入れても、売れなければお金になりません。

 

仕入れた商品は不良在庫となります。仕入れにはお金がかかってるので、稼げないどころか大赤字になるリスクもあるわけです。

 

500円で仕入れて1,000円で売る予定の本を100冊仕入れたとします。この時点で50,000円かかるわけです。

単純に考えれば、全部売れれば10万円。ぼろ儲けできると考えます。しかし、もし売れなかったら?

この5万円まるまる全部無駄です。さらに、家の中では無駄な100冊の本がずっと場所をとり続ける

 

あなたが広い家に住んでいれば在庫なんて困らないでしょうが、100冊の本って結構邪魔になります。

 

せどりで売れれば稼げるのが事実だとしても、それ以前に売れなかった場合のダメージが大きいことも知っておくべきでしょう

 

 

せどりで売れない理由3:資金が必要

必要な資金

上で在庫の話をしましたが、当然在庫を仕入れる際にはお金がかかります。

せどりビジネスにはお金が必要なのです。

ビジネスを始めるにあたって、「資金が必要」なんてこと、当たり前なので本来いうまでもありません。

 

・・・が、インターネットを使ったビジネスならば、資金があまり必要のないビジネスなんて無数に存在するわけです。

その中でせどりや株などの投資の分野はどうしても初期費用が多めに必要になってくるんですね。

 

せどりで売れない理由4:値下げ競争に巻き込まれる

値下げ競争

現在せどり市場では値下げ合戦が繰り広げられています。

 

そもそもせどり自体が、戦略性の無いビジネス、質より量の世界です。

人より少しでも多く作業をし、人よりお金を持ち、人より仕入れ、人より売る、というビジネスモデルなのです。

 

「付加価値」であるとか、「信頼」といった商売の土台なんてないも同然で、
自分が売りたい商品が、他の人よりも安ければ売れるという世界ですから。

 

大企業に正面衝突する危険性

そして冒頭でも触れましたが、今はBOOKOFFなど大手法人企業もせどり市場に乱入してきています。

ヤフオク!などにBOOKOFFのアカウントが出品していることもあるのです。

 

価格競争になれば一個人がブックオフに勝てるでしょうか?

出品している商品の種類だけでも圧倒的な差があるわけです。

そうなると売れるか売れないかなんてもう、運なんですよね。

あなたが仕入れた1万円のプレミアCDを大企業は1万飛んで200円ぐらいで大量に売ってくるわけです。

そうなると、あなたはその商品を手放すしかありません。

 

つまり、自分が仕入れる商品や売るタイミングに、たまたま  “大企業という名の地雷”  があるかないかで勝敗が決まるんです。

“自分の商品” と”大企業の商品” がかぶれば、もうその商品は不良在庫決定です。

 

家の中に使わない商品があふれかえり、預金通帳の中だけがどんどん減っていくことになります。

 

 

あなたがもしせどりをするのであれば、出品する商品がブックオフのような大手とかぶらないように祈りながらビジネスを進めなければいけません。
仮にかぶらなかったとしても、あなたが扱う商品を後から大企業が真似してきたら・・・

たとえば、ブックオフが後からあなたと同じ本やCDを出品してきたらそこで試合終了です。

 

 

個人ビジネスで絶対にしてはいけないこと

個人でビジネスをする人が絶対にしてはいけないことが

「価格競争」です。

個人のメリットは機動力と柔軟性なので、せどりビジネスだとその個人ならではの良さがが全く活かせず、大企業に一方的にタコ殴りされながら、息絶えないように必死で少ない利益にしがみつかなければなりません。
そんな状況が永遠に続くのであれば、まだサラリーマンをしていた方がましですよね。

 

そして、せどりの作業はサラリーマンの業務と似ている部分があります。なぜなら・・・?

 

 

せどりで売れない理由5:労働力が必要

労働力

せどりは基本的に足を使うビジネスだからです。サラリーマンが歩き回ってるかどうかは別として、要は稼ぐためには労働が必要だということです。

電脳せどりなどといって、ネット上でリサーチする手法もありますが、だいたいの人はすでに手をつけてるので、売る商品がかぶってしまえば不毛な価格競争になります。

価格競争に巻き込まれれば共倒れか、あるいは法人が相手であれば一方的に負けます。

なので、せどりで稼ぐには足で歩いて商品をリサーチしにいくことが重要なのです。

 

本、ゲーム、CD以外にも、ホームセンターや雑貨屋、家電なども調べて、
利益になる商品を探し続けなければいけません。

そして自分で写真を撮り、出品をして・・・
それを延々と繰り返すわけです。
時給に換算すると果たしていくら稼げるのかって話です。
良い商品が見つかるか、そしてその商品が売れるかどうかは運なので、時給にするとコンビニのバイトより安かった、なんてこともありえます。
やってみるとわかりますが、なかなか地道で大変です。

 

 

せどりで売れない理由6:天井があるのである程度以上は稼ぎにくい

天井

そしてここまでの困難を乗り越えて無事ビジネスをスタートし、収入を得られても、果たしていくら稼げるのでしょうか?

億万長者になることはまず無理です。

人を雇ったり会社でやってるワケでも無い限り、一人でせどりをするなら20~30万稼げればそこそこ優秀なせどらーです。

 

そして、どれほど稼いでも100万を超えようと思えばかなり難しいのが現実でしょう。

それ以前に

100万も稼ぐとなれば資金源もかなりあって、労力もかけまくって、やっと稼げるだろう

というレベルです。

それも一過性のものなので、毎月コンスタントに100万稼ぎ続けるのはカナリ難しいでしょう。

私の知り合いに、せどりで稼ぎ続けている人もいますが、

かなり優秀で戦略的に活動されています。

その人だから出来るということもあるでしょうし、

その人から直接指導を受けると稼げるようになるでしょう。

実際に多くのせどり実践者に稼がせてきている実績をお持ちです。

 

せどりが売れない理由7:次につながらないビジネスモデル

とまれ

そして、せどりは次に繋がりません。

次とは何かというと、その後のビジネスの発展がないということです。

一生せどりで20~30万必死で稼いでいくのはつらいはずです。どこかでビジネスをレベルアップしなければいけません。

ですがせどりにはその機会がないんですね。
なぜなら売るときに商品知識も要らないし、作業も単調なのでビジネスのマインドや考え方が未熟でも、

馬車馬のように動くバイタリティと運があればそこそこは稼げるからです。

 

でも、それが次にどう繋がるのか?

 

せどりのままビジネスを進化させることはほぼ無理でしょう。

外注を雇っても、あなたほど必死に作業に取り組んでくれないし、仮に必死に取り組んでくれても、ノウハウだけ吸収して自分でせどりに参入してくるかもしれません。

せどりはリサーチ方法がかぶれば死にます。

他人に教えるリスクは注意すべきでしょう。

 

なら別のビジネスを始めるのか?

 

仮にせどりをやめたら、今までやってた作業は無になるので、次の仕事をまた1から覚え直さなければいけません。
逆にせどりを続けるなら、このまま死ぬまで一生続けるのか?って言われたら、サラリーマンよりも厳しいですよね。

要はアルバイトと同じなんです。

 

安定しないわけですから。

 

それでもまだ、売れないビジネスにこだわり続ける理由があるとしたら

  • 高い教材を買ってしまった(その割に稼げてない)
  • 勉強に時間を費やした(勉強といってもオークファンやヤフオクの操作方法だけ)
  • まだ消化してない在庫があるから

といった消極的な理由ではないでしょうか。

これから先、一生大きく稼げないとしても、せどりで生きていく自信があなたにはありますか?

 

【解決策】せどりに近いビジネスモデルから再現性の高いビジネスを選ぶ

せっかくせどりを始めようと思ったのに、今更全く違うビジネスに進むのは結構な手間です。

やることが全く変わってくるから、一からやり直しになってしまうんですよね。

例えば、アフィリエイトに今から取り組むならSEO対策とかアクセスアップとかよく分からない言葉を覚え直す必要があるということです。

 

そうならないためには、今と近いビジネスの中から再現性の高いビジネスを選んでいく必要があるでしょう。

パッと思いつくところであれば

  • 手作りハンドメイド販売
  • 不要品回収からの転売
  • 外国からの輸入
  • 知人経営の商品をネットショップにする

などが思いつくと思います。

 

他にもありますが、ものを売るビジネスをするという面でみれば、まだせどりに近く親しみやすいでしょう。

メルカリなどのアプリも出てきて、誰でもネットで出品しやすい世の中になったといえます。

 

ただ、せどり同様再現性の低いものもあります。

そういったビジネスに移ってしまうと同じ失敗の二の舞なので、賢くビジネスを選んでいきましょう。

 

私は、”物販”というくくりではなく、もはやネットビジネスの中で一番稼ぎやすいのが輸入転売だと思います。

あなたは輸入転売とはどのようなビジネスか、ご存じですか?

 

 

せどりでの失敗から逆転勝利!輸入ビジネスがネットビジネス成功のカギ

次につなげる

輸入ビジネスは、副業向けであり、さらにビジネスを進めれば独立起業向けでもあります。

そして参入ハードルが圧倒的に低く、せどりのような薄利多売ではなく、高利小売でバリバリ稼ぐチャンスがたくさんあるビジネスなのです。

高利小売っていうのは高い利益で、数は少しだけ売れてもたくさん稼げるという、今僕が作った造語です(笑)

 

とにかく、どんなビジネスをするにしても、これからの社会では目の前のお金よりも常に一歩先を考える必要があります。
輸入ビジネスは利益を伸ばそうと思えばやるべきことがたくさんあるので、独占販売であるとか、オリジナルショップの立ち上げといった、次のビジネスに繋げることができるのです。

せどりと比べて違う点もあるので触れておきます。

もっと詳しく興味がある人はこちらの記事で、輸入ビジネスをはじめるメリットとはじめる際のポイントについて説明してるのでぜひ読んでみてください。

それか、

10日間マスタープログラム

こちらで基礎を10日間でマスターできる無料講座があるので、こちらを確認していただければと思います。

 

 

せどりと違い無在庫販売ができる

喜ぶ女性1

まず、せどりと違って初期費用がかかりません。

発注があってから仕入れて売るので、不良在庫を抱える必要がないわけです。

 

つまり、

“売れなくても損をするってことが無い”

ことが前提にあるわけです。

 

BUYMAのアカウントを取得すれば、商品がなくてもそのまま出品可能です。

せどりでは、ヤフオクやAmazonを使いますが、輸入ビジネスであればBUYMA(バイマ)が断然おすすめなので、バイマで始めましょう。

文字通り0円ではじめられるビジネスなのです。

 

また、

「失敗してこそ成功する」

「失敗こそ成功の素」

などと世間では言いますが、せどりなんて失敗して大金を失った日には生活に影響がでかねません。

それでも輸入であれば、何度失敗してもあなたは1円も減らないですから、無料で成長し、無料で実践し、無料で稼ぐことができます。

 

輸入のメリットだけでなく、ビジネスの始め方もまとめて

10日間マスタープログラム

こちらですべてマスターできるようになってるので、あわせて確認してくださいね。

 

 

せどりに比べ手軽にできる

喜ぶ女性2

輸入ビジネスはせどり並に手軽に始められます。

さらに利益でいえば円高の追い風もあるので輸入は今かなり美味しい時期です。

もちろん、円安でもビジネスは進められるので、為替に左右されない立ち回りも後々は考える必要があるでしょう。

 

 

せどりのように体力を使う場面はない

体力の要らない女性

商品のリサーチは全てパソコンで行うので、せどりのように色んなお店を駆け回る必要がないのもメリットです。

 

家でパソコンで作業するだけです。

でも、輸入の仕入先が英語なので、「外国語は読めない」と思う人が敬遠してる人が多いようですが・・・

 

ハッキリいって誤解です。

「外国語読めないからできない」 は大きな間違いなのです。

 

ネットショップなんて、“小説やコラム記事みたいなビッシリした文章”を読むサイトじゃないですよね?

進むが”NEXT” 戻るが”BACK” ぐらいわかっていれば英語のサイトなんて普通に使えるわけです。

 

文章より単語が多いので辞書を引けばそのままの意味がわかるし、大体ウェブに慣れてる人であればボタンの位置だけで英語が読めなくてもどこになにがあるかだいたい直感でわかります。

 

なので、家にいながら、英語の知識がなくても、体力がなくても、0円から普通にビジネスをスタートできるのです。

 

 

せどりと違い”完全在宅ワーク”として出来る

在宅の女性

やはり家でずっとできるというメリットは大きいでしょう。

 

サラリーマンの方が副業でするにはぴったりですし、主婦の方でも余った時間を活用しやすいです。

 

ポイントサイトだとその場その場でしか稼げないし、ライティングの仕事をもらえるサイトも、相場は1文字0.3円。

腱鞘炎になるぐらい本気でタイピングしても時給500円超えれば良いほうです。

 

だからといってせどりでは、そもそも在宅じゃないし、損する可能性すらありますよね。

 

輸入ビジネスであれば、やればやるだけ稼げるので在宅にはぴったりです。

商品を100種類、1000種類と出品する数を増やせば増やすほど、売れる確立もあがってきます。

 

もちろん、ショップのコンセプトを絞って商品を少なくすることもありますが、最初のうちは数打てばあたる戦法でも十分稼げるし、次につながる学びもあります。

そこで売れた商品から次の売れる商品を見つけやすくなったり、やってるうちに売れる商品が感覚でわかるようになるからですね。

 

売れる商品を身につける感覚も、基礎から学べば誰にだって養えるスキルです。

10日間マスタープログラム

輸入ビジネスに興味を持った人は必ず基礎からマスターしてください。

 

せどりよりも販売する商品の単価が高い

にこやかなお金

現状のせどりは薄利多売になってますが、輸入ビジネスの場合は、ブランド品などを主に扱うので利益がかなり大きいです。

 

1000円で買った本を5000円で売って「5倍の利益で売った!!(利益4000円)」と喜んでるせどらーを横目に

30万で仕入れた “ブランドのバッグ” を35万で売るわけです。

こちらは何倍で売ったわけでもないのですが、利益で考えると “35-30万=5万円” です。

 

「30万もお金なんてないから私には輸入は無理!」

って反射てきに思った人も、さっきの話を思い出してください。

「在庫は要らない」

のです。売れてから、買うわけですから。

お客さんに振り込んでもらった35万円を使えばいいだけの話なんですね。

 

 

今の時期であれば、一個売れるだけで、3万円以上利益が残るような商品もありますし、1万円以上の利益の商品であればザラにあります。

その点、せどりよりは一つ一つの商品をしっかり調べていくモチベーションにもなりますよね。

 

 

せどりに比べてメリットだらけの輸入ビジネス

せどりに近いビジネスモデルとして、輸入の特徴をお伝えしてきました。

  • 無在庫販売ができる
  • 手軽にできる
  • 体力が要らない
  • 在宅ワークとして出来る
  • 販売する商品の単価が高い
  • メリットだらけの輸入ビジネス

これらのことからわかるように、

将来性と時期、両面から今は輸入の方がせどりよりも参入するメリットは大きいのが現状です。

 

ただ、輸入といってもブランド品を普段買わない人や、ネットで買い物しない人にはなじみの無い世界です。

ここまで話を聞いても、何も知らない状態だと

「どのようにはじめればいいの?」

と、思うかもしれません。

 

 

 

【売れないせどりから撤退】輸入ビジネスをするなら何から始めればいいか?

ヒント

これから0円で初期投資なしで輸入を始めるならば、まず、基礎をつけるようにしましょう。

10日間マスタープログラム

こちらの無料講座であれば10日で基礎を学ぶことができます。

 

ほかにも、書籍やネットで調べて基礎を学ぶことができますが、それには注意点があります。

これからいろいろなノウハウを学ぶと思うのですが、輸入ビジネスをどのように行うかは人それぞれ。

学校のテストの問題と違って、ビジネスには明確な答えがないのが常です。

 

たとえば中国輸入で安く仕入れて数を売る人もいれば、僕のようにアパレルブランドに特化する人もいます。

これはどちらかが間違っているというわけではなく、人によって正解までのルートが違うということです。

 

 

このようにやり方が違う人たちがたくさんいるネットで情報を集めてしまうと、情報がチグハグになります。

 

リサーチはAさんの手法で

利益の出る商品の選び方はBさんから学んだ手法で

出品のタイミングなどはCさんから学んだ手法。

サイトの作り方はDさんのを参考にしてみる、

 

などとこんな風にばらばらなやり方ができあがってしまいます。

それが意図的ならばいいんです。

 

でも初心者のうちからそんなバラバラのやり方で上手くいかなかったとき

「何が原因で失敗したか」

分析する手段がないんですね。

 

 

言ってみれば、基礎もできてない状態から断片的でバラバラなノウハウばかり学ぶことになるので

「言ってる内容はわかるけど、結局何したらいいか」

がぜんぜんわからないわけです。

 

なぜなら、基礎ができてないから。

 

基礎さえできていれば、応用的なノウハウを学んでも「何が自分に使える知識で、何が無駄な知識か」が、自分で判断できるようになります。

「言ってることもわかるし、何をすればいいかもわかる」

という状態。つまり「知識」ではなく「知恵」の状態になるのです。

これで初めて「基礎が完全に理解できた」状態なんですね。

 

僕は、現役で輸入ビジネス(転売と正規輸入両方)をしていて、輸入ビジネスのコンサルティングも行っています。

海外ブランドと独占販売契約も結び、BtoBの卸売にも力を入れています。

 

コンサルをするなかで、稼げてない人たちをみているとやはり「基礎ができてない」のが一番の理由でした。

 

もし、あなたが「輸入をやってみようかな」と少しでも思ったなら、まず基礎から学んで、応用的な情報に流されないようにしてください。

(楽しようとテクニックばかり追いかけると逆に遠回りになります)

10日間マスタープログラム

 

一番の近道は、こちらの基礎講座でじっくり10日間、学んでみてください。そうすると、

  • まず何をすべきか?
  • どういう風に商品を選ぶか?
  • どのように仕入れるか?
  • どうやって出品するか?
  • どうやって届けるか?
  • どうやってアクセスを増やすか?

といった基礎をすべて理解できるので、これだけで輸入ビジネスを始めることができます。

 

記事中でもお伝えしたとおり、輸入ビジネスには「次へのつながり」があります。

既製品をただ選んで淡々と売っていくだけではなく、お客さんに「ありがとう」とお礼を言われるビジネスです。

 

もちろん、一生商品を淡々と選んでせどりのように販売していくのも良いですが、せっかくならこの輸入の世界で

ビジネスをするにあたって大事なこと

をたくさん身に着けてほしいなと思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
Raku Itogawa
大阪モード学園 ファッションビジネス学科卒業後、年商数十億円規模のアパレルメーカーに入社。その後、アミューズメント・外食・物販事業など新店開発や既存店の収益改善に携わり、マネージャー職を歴任。外食事業を展開する企業では22歳で執行役員に就任。最高執行責任者として100名以上の人財教育、店舗支援、業務改善を担当。当時から神田昌典氏や米国の著名ダイレクトマーケッターの影響を大きく受け、店舗ビジネスでは10年以上前からダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れてきた。現在、日本屈指のコンテンツマーケッター 和佐大輔氏と日本最大級のライスワーク組織「RICEWORK LAB」を運営し、個人向け輸入コンサルティング、翻訳会社など複数の事業を展開している。また、ディストリビューターとして新進気鋭な海外ブランドの正規輸入販売店となり、全国のセレクトショップ・問屋などへ卸売事業も行う。数十社のブランドを取り扱い、並行輸入からメーカー総輸入元ビジネスまでアパレルに特化した輸入販売を得意としており、輸入転売だけをビジネスにする巷のBUYMAコンサルタントとは一線を画す存在である。ファッションビジネスの為に生まれたブランドではなく、「商品を通して、ブランドを通して、一人でも多くの人に気持ちを伝えたい。」そんな強い思いを持った海外ブランドの日本進出を支援する活動に力を注ぐ。

“輸入ビジネスと徹底比較!せどりでは売れない?失敗してしまう7つの理由” への2件のフィードバック

  1. Trinity より:

    before, For me it is part of the rules of the game in pune. So, when I am there, if i want to be inside there are certain things I will not do… if I want to remain there. that is all. weather the reasons are good or not, it is just not my bus.sesniwhat calls my attention is the double moral or criticizing now and being silent before… it is the same game.banning has been used as a way of social control, of expressing osho´s personal likings and as a security measure. I am just stating facts, not taking position.You are reading what you want to read kranti

  2. Oh Mandy, this is absolutly gorgeous, so much pretty detail.Thank you so much for entering our challenge at ALLSORTS this week, good luck & hope you’ll join us again!Hugz Fleur xXx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています

IBAブログを購読

IBAブログを購読して役立つ情報をいち早く受け取りましょう!