個人輸入転売・輸入ビジネスで起業

個人が副業からできる輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

【バイマ無在庫販売】売れる商品のリサーチ方法

リサーチ
The following two tabs change content below.
Raku Itogawa
学校法人大阪モード学園卒、新卒でアパレルメーカーに入社。その後、アミューズメント・外食・物販事業など新店開発や既存店の収益改善に携わり、マネージャー職を歴任。外食事業を展開する企業では22歳で執行役員に就任。運営責任者として100名以上の人材マネジメントを担当。当時から神田昌典氏や米国のダイレクトマーケターの影響を大きく受け、店舗ビジネスでは10年以上前からダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れてきた。現在、アパレルEC、個人向け貿易コンサルティング、翻訳事業などを行う一方、自らもディストリビューターとして、日本未上陸の気鋭なインポートブランドと独占販売契約を結び、小売店・問屋への卸売事業も行う。BUYMAなど輸入転売での最高月商は700万円。正規輸入での取り扱いブランドは30ブランドを超え、並行輸入からメーカー総輸入元ビジネスまで、アパレルに特化した輸入ビジネスを得意とする。

今回は、BUYMA無在庫販売をする上で売れる商品をリサーチする方法ついてお話します。

前回は海外からの輸入ビジネスで在庫を持つべきポイントとメリットについてお話しました。

在庫をもつビジネスもやっていこうと思う人はぜひ見ておいてください。

(むしろ、利益を大きくしようと思えばいずれは在庫を持つビジネスもするべきです)

 

そもそも、無在庫でビジネスをするならば、綿密なリサーチがなくても出品することができます。売れなくてもどうせお金がかかるわけでは無いので……

ただ、あなたがもし(無在庫有在庫問わず)商品を売るのだとしたら、“売れる商品”“売れない商品”のどちらをショップで出したいですか?

もちろん売れる商品ですよね。売れる商品を仕入れるためには、しらべる力(つまりリサーチ力)がどうしても必要になります。

商品のリサーチができるようになると、

  • 次に売れる商品がわかる
  • 商品探しの時間も次第に短縮されていく
  • 売れる商品を仕入れるので利益が増えていく
  • 市場に詳しくなる
  • ライバルを出し抜く情報も見つけられるようになる
  • 有在庫ビジネスに切り替えても利益を増やせるようになる

以上のようなメリットがあります。要は利益があがるわけで、逆に言えばリサーチができないといつまでたっても稼げません。

もし、今後輸入ビジネスで利益を大きくしたいなら必ずリサーチ力はつけていってください。

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

BUYMAでリサーチをするのはむずかしい?

リサーチはとても簡単です。

「センスや感覚がないとだめんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、「感覚」はリサーチを繰り返しながら身につけていくものです。

結局やることといえば、情報源(サイトやニュース)などを欠かさずチェックして、利益になるような情報を探すだけです。

じゃあ、何の情報を見ればいいのか? が重要なので、この先で僕が実際使ってるサイトを紹介していきます。

また、紹介したサイトをどのように活用し、最終的にはどのように利益につなげていくのか?

についても触れるので、必ず最後までよんでくださいね。

 

 

BUYMAで無在庫販売する商品はスマホで探せ

リサーチはスマホアプリやサイトを使いスキマ時間にでも行えるためオススメです。

とはいえ、パソコンを使うなというワケではありません。パソコンのほうが操作しやすいなら、おなじサイトをパソコンでも見れるので活用してくださいね。

ちなみに僕がリサーチのためにチェックしているサイトは主に6個あります。

だからといってほかのサイトを使うなってことではないので、自分に必要な情報を足したり引いたりしていってください。

それでは一個ずつ紹介します。

 

 

BUYMAリサーチ手法1:バイエス

まず、スマホで最も簡単・手軽に情報をあつめられるバイエスを紹介します。

バイエス
バイエス(画像をクリックでサイトへ

 

サイバーエージェント(アメブロなどをしてる会社)が運営しているサイトです。

日本の中でもユーザ数がかなり多いサイトですね。

バイエスは売る側じゃなくて買う側の人がたくさんみてる印象。

なので、業界的なニュースじゃなくて、一般女性が普段から情報を集めるために使ってます。

 

記事ごとにページビューが出るのでかなり参考になります。

ページビューの数が多いか少ないかを見れば、“女性たちは今どういったことに関心が高いのか”がイッパツでわかりますからね。

他にサイトの中でよく見るのがランキング。何万というアクセスのある非常にアクセスの高いサイトですから、

  • ダイエット
  • 美容
  • トレンド
  • ファッション
  • 恋愛
  • ライフスタイル

などのカテゴリがあり、全体の中で一番注目されてる記事がすぐにみれるので便利ですね。

バイエス自体が色々なところから情報をあつめており、情報源としては手軽かつ有力なので、普段からみておきたいですね。

 

 

 

 

BUYMAリサーチ手法2:メリー

メリーも紹介しましょう。

メリー
メリー

 

日本でかなり大きな規模を誇るサイト。

僕が調べた中では一番アクセス数が多いので、ここもチェックしておきたいです。

とはいえ特徴としてはバイエスとほぼ同じ印象。詳しく説明するまでもないですね。

どっちかを見れば良いというわけではありませんので、見れるなら両方見た方がいいでしょう。

 

 

 

 

BUYMAリサーチ手法3:フォーミー

フォーミー
フォーミー

 

フォーミーはロケットベンチャーが運営していたところをエニグモに6億円で買収されました。

エニグモはBUYMAを運営してますから、BUYMAでショップをするならぜひ見ておきたいサイトです。

ただ、上で紹介した二つのサイトとそんなに違いはありません。

サイトによって味付けが変わりますが、基本的には女性向けの情報をまとめているサイトですね。

 

 

 

 

BUYMAリサーチ手法4:トリル

トリル
トリル

トリルも有名なサイトです。ヤフーの子会社ですね。

ヤフービューティなどのサイトもトリルが運営しています。

上記で紹介してきた3つとほぼ同じですね。トリルもかなりアクセスはかなりあるので、チェックをした方がいいです。

 

 

 

BUYMAリサーチ手法5:スタイルハウス

スタイルハウス
スタイルハウス

 

エニグモが運営しているスタイルハウス。ここもフォーミー同様要チェックです。

 

 

BUYMAリサーチ手法6:ファッションプレス

ファッションプレス
ファッションプレス

 

ファッションプレスはほとんど業界ニュース寄りの情報が多いです。

サイトで見れる情報は、メーカーのプレスリリースなどの売る側のもの。

業界に対して情報発信している印象ですね。
新ブランド発売やナントカ記念モデル発売といった情報が出るのはまずはファッションプレスからです。

上記で紹介してた一般女性向けのサイトとはまた違った情報ですのでこのサイトは必ず見ておきたいですね。

 

 

BUYMA無在庫販売におけるリサーチの本質とポイント

バイマで勝負をしていく。もしくはバイマ以外でも転売をしていくとなれば、リサーチは非常に重要です。(一番大事といっても過言ではない)

ただ、リサーチというものは教えるのも実践するのも決して簡単ではありません。

ですが、リサーチの本質を理解するのはとても簡単なこと

本質さえわかればリサーチをする上での作業に対する迷いがなくなります。

迷いがなくなれば、作業スピードもあがります。

スピードがあがれば利益につながるのも最短になり、その結果

「リサーチなんてこんなモノか」

となるわけです。

 

「で、リサーチの本質っていうのは何なの?」っていうと、それは

段取り

です。

 

というと意味がわからないと思うので、ここでは

  • BUYMAで出品するためのリサーチのコツ
  • BUYMAだけでリサーチをする危険性
  • 無在庫販売から一歩先に進むリサーチ力

上記三つについてお話をすすめて、リサーチの本質に触れます。

 

 

 

BUYMAで売れる商品を見つけるためのリサーチのコツ

とにかくいろんな情報を拾い漁り、気になることはメモしておくこと。

これに尽きます。リサーチは量をこなす。それだけです。

「え、それだけ?」といった感じで拍子抜けしましたか?(笑)

……ですが、量をこなすっていうのは本当に重要なんです。

情報は量より質が大事だと言われます。その通りです。ですが、その質のいい情報は”量”の中に埋もれているわけで。

それを探すのがリサーチってことですね。

 

ならどこから情報をたくさん集めるのかっていうと、上記で紹介したアプリやサイトだけでなく、色々なサイトやアプリから情報を集めるのも大切です。

どこに利益の種になる情報があるかわからないですから。

 

ですが大まかには上記のサイトだけで、もれなく市場を知ることができるでしょう。僕も日頃は上記のサイトをメインにチェックしています。

その中でもファッションプレスはとくに重要です。ファッション業界について全体的にカバーしてるメディアなので。

  • 新ブランド
  • ショップ情報
  • ファッションショー
  • その商品の業界関係のこと

もろもろファッションプレスから出てるので必ずチェックしてください。
逆に、紹介したサイトを全部チェックする必要もないわけです。

するに超した事はありませんが、日常生活をするうえで、あまりにもキツすぎてリサーチを続けられなくなったら本末転倒だと思いませんか?

それなら、リサーチの習慣をしっかりつけるためにも、まずリサーチが苦手であれば”これだけは見る”ってサイトをいくつか最初に決めてやるべきです。

決めたら、毎日少しでもいいから自分で決めたサイトを見るようにします。

もしくは普段から、気になるブランドやキーワードをストック(メモ)しておきましょう。

休みの日や忙しくないときなどのまとまった時間に、ため込んだストックを全部リサーチしてしまうのもありです。

  • バイマでどれぐらい人気があるか
  • 日本でどれだけ支持されてるか
  • 海外との価格差はどうか

毎日サイトをチェックして日々の情報を集めてください。

リサーチには裏技もテクニックもありませんから、地道にやりましょう。

 

 

 

BUYMA内だけでリサーチをする危険性

リサーチを手抜きしてバイマだけチェックしてビジネスをすることはリスクが大きいです。

大まかなリサーチになれてくると、だんだんとリサーチするサイトを少なくしていく傾向がでるので。

「もうこのサイトはみなくていいや」と、ひとつ、またひとつとサイトを減らしていく人がいるんですよね。
情報をうまく活用できないと、特定のサイトやサービスのなかで依存してしまうことになります。

つまり、バイマだったらバイマのなかの情報だけに左右されるということ。

勘違いして欲しくないのは、バイマの情報を見ては行けないということではありません。バイマだけを見ること(つまり情報が偏ること)が危険なのです。

なぜなら、バイマなんて結局みんな当たり前のように見る情報源です。バイマしか見ないのであれば、誰でも知ってる情報だけしか武器がないですから。

誰でも知っている情報は「常識」ですので、常識は知ってて当たり前であっても、決して強みにはなりません。

強みを持つには、例えばバイマの外では、どんなモノが流行ってて話題になってるか。どういうものがこれから人気になりそうなのか、ということを知っておかないといけません。

転売の次のステップに進むには話題をキャッチするスキルを避けて通るのは無理ですから。

転売の次のステップといえば色々な可能性があり、そこでもリサーチの能力は活きてくるのです。

 

 

 

BUYMA無在庫販売から一歩先に進むリサーチ力

リサーチ力を養うというのは、単に転売する商品探しに終始せず、次のビジネスへの知識の土台も作ってくれます。

例えば僕の場合は、上で紹介したニュース、プレリリース、アプリなど“だけ”を活用していくのか、というと実は違います。

転売だけじゃなく、「このブランドおもしろそうだな」っていう日本に入ってないブランドと直接交渉したり、契約を結んだりしてアプローチしているのです。

直接交渉とかブランドと契約とか、大げさで自分には無関係なことだと思いますか?

確かにここまで来ると「転売屋」というくくりでは無くなるかもしれません。とはいえせっかくビジネスをするのであれば、誰も参入してないブランドの開拓などにも乗り出す道もおおいにアリでしょう。

たとえあなたが副業の個人であったとしても、です。

何も始めてない人からすると上記のような発展は無謀にも思えるかもしれませんが、まいにち地道に情報をあつめていると

「これは稼げそうだな」

といった感覚ができてくるので、無謀ではなく「勝てる」と思って新しいことに踏み込む力もつくわけです。

 

 

ここまでの説明で、リサーチには

  • 基本的には地道な作業
  • 売れる商品を先に知る
  • 新しいビジネスの情報も先に知る

といった特徴があることはおわかりになられたと思います。

つまり、事前の段取りをしっかりしていれば商品出品であろうが、新しいビジネスであろうが、楽に勝てるわけです。(リサーチそのものが楽かどうかはおいといて)

これがリサーチの本質。

「あ、これは勝てるな」

と思ったら何でもする。

その「あ、これは勝てるな」の感覚を手探りで探す作業がリサーチだということになります。

 

 

 

 

まとめ

今回はリサーチについてかなり掘り下げてお話をしました。

主な情報源として、ファッションプレスは必ずチェックするとして、他にもたくさんのまとめサイトを紹介しました。

ここでリサーチをするだけでもかなりの情報があつまります。

紹介したサイトだけじゃなくて、+αで色々なところからリサーチをすることもすごく重要。

ただ、最初にそんなことをしても混乱するはず。まずは最初はファッションプレスと主要なサイトをチェックする習慣からつけていきたいところです。

リサーチの本質については

  • BUYMAで出品するためのリサーチのコツ
  • BUYMAだけでリサーチをする危険性
  • 無在庫販売から一歩先に進むリサーチ力

というお話からリサーチという段取りを極めることで、副業の個人であっても次のビジネスにすすめるとお話しました。

本質を説明したことからわかるように、リサーチはセンスのある人が出来るかっこいいテクニックではなく、地道でどろ臭いテクニックです。

だからこそ、誰にだって出来ることだし、慣れれば効率もよくなるし、知識もつく。そういったスキルなのです。

ビジネスセンスがある人ばかり成功していくのをずっと指をくわえて見てるのって辛いですよね。

でも、地道な努力で勝てるビジネスもたくさん存在するわけです。

特別なことでなく、誰でも出来る地道な作業で稼げるのならやってやる!

って気合が入りませんか?(笑)

 

 

ただ、注意点としてはまだ何にも始めてない状態でやみくもにリサーチに取りかかることはいささか無謀です。

「サイトも出品アカウントも何にもない、出品の知識もない。でもとりあえず教えてもらったサイトみたらいいんだな」

ってことではないんです。

なぜならまず、転売ビジネスをするにあたっての「基礎」が何もできあがっていないから。

10日間マスタープログラム

上記リンクから無料で基礎を10日間で学べますので、今からでも基礎を身につけていきましょう。

もちろん、もう基礎はばっちりでリサーチも順調で利益も出ているのであれば別です。

ですがもしも、あなたが今リサーチを迷いながらしているのであれば、基礎が出来てない可能性が高いでしょう。

いってみれば

  • 何を調べたらいいかわからない
  • どのような点を意識して情報を見ればいいかわからない
  • 市場ってそもそもなに
  • 実は売り方もよくわかんない
  • 梱包や発送の知識も皆無です

みたいな状態でリサーチにとりかかるわけですよね。

売り方や梱包なんて売る商品と関係ないと思われるかもしれませんが、どのように売るのか流れを知らないと

“自分が商品を仕入れて売って利益を得るまでイメージができない”

ですよね?

やったこともないんですから、あたりまえです。

 

リサーチは

「あ、これは稼げる」

っていう確信を持つためにするものです。

10日間マスタープログラム

こちらで基礎を学び、輸入ビジネスの全体像を見ることができれば

「これなら稼げる」

といった感覚が身につき、リサーチをする中で、あふれる情報の山から利益の種を無限に見つけることができるようになります。

逆にいうと、基礎ができていなければいくら有用な情報に触れても、価値の判断ができなくなるので、必ず基礎は学んでください。

そのうえで、今回紹介したようなリサーチ方法で情報を集めていけば、利益の種はたくさん出てくるし、実際無数にいる出品者はそうやって稼いできているので。

 

 

それでは、今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています

IBAブログを購読

IBAブログを購読して役立つ情報をいち早く受け取りましょう!