戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

初心者でも丸わかり!輸入ビジネスの全体像を大公開【1】

York_Designer_Outlet

私がよく受ける質問に

「輸入ビジネスの流れがいまいちよく分かりません」

といったものがあります。
やればカンタンなのですが、
たしかにビジネス経験がない人からしたら
なぜそれで稼げるのか?

サッパリ意味がわからないでしょう。
そこで、今日は転売初心者やビジネス入門者に向けて

そもそも輸入ビジネスってどんなもん?

ということを解説していこうと思います。

輸入ビジネスのど基本1 買い付け

まずは輸入ビジネスのど基本その1「買い付け」です。

そもそも商品がなかったら商売になりませんからね。

 

基本的にあなたが日本在住という前提で書いていきますが
これから輸入ビジネスを始める場合は
主に海外のECサイトを使って仕入れを行うことになります。

 

たとえばアメリカであれば
ECサイトやブランドの直営サイト
デパート、セレクトショップのサイトなどなど。

もちろん正規品で、
信頼性の高いサイトから買い付けます。

ここまでは初心者〜中級者向けのファーストステップです。

この販売をBUYMAで行うことを推奨しているので
最初は無在庫で始めることができます。

 

そして、さらにステップアップしてくると
日本人の買い付けパートナーと協力して
実際の海外の実店舗で仕入れてもらうようにします

海外のショップやアウトレットに
パートナーさんに出向いてもらい
実際に買い付けをおこなってもらうんですね。

 

なぜ、わざわざそんなことをするのか?

 

その理由は、たとえばアウトレットの場合
Michael Kors(マイケル・コース)というブランドは
日本のアウトレットで売られている価格よりもはるかに安いんですね。

日本のアウトレットと海外のアウトレットでは
価格差があるわけです。

じゃあ、なぜそんなことが起こるのか?というと、

日本のアウトレットも海外のアウトレットから
仕入れていることがあるからです。

だから僕ら輸入者がやるべきことは
その価格差に目をつけてなんとか
海外の安いアウトレットから仕入れてくることなんですね。

 

海外のアウトレットってどれくらい安いの?

たとえば、アウトレットって基本的に定価の40%オフで売られていて
さらに20%オフなどの限定のセールをやっている時もあります。

だから一番いい買い付けの方法はアメリカのアウトレットで
通常は50%オフになっている商品を
さらに20%オフになっているタイミングで仕入れること。

これがベストな仕入れの方法になります。

ただし、この場合は有在庫で仕入れることが基本になります。

無在庫転売はお客さんが注文してから買い付けを行うわけですが
注文されたタイミングでセールをやっているとは限らないからですね。

 

もちろん、先ほども言ったように最初は無在庫でもいいのですが、
アウトレットとかで仕入れたほうがはるかに安く仕入れることができます。

ということはそれだけあなたが手にする利益も増えるということです。

 

たとえば日本だと国内で定価10万円のものが
アウトレットで50%オフのさらに20%が乗って
最安値の4万円で売られていても

海外のアウトレットのほうが安かったりするわけです。

実際にあった例としては47200円のものが
$150(約18000円弱)で売られているというものでした。

 

ただし、これはかなり変動します。

また、実店舗での仕入れとなるので
バイヤーがいないと成り立ちませんよね。

そういうバイヤーの確保の仕方というのは
IBA無料メール講座10日間マスタープログラムのほうでも教えています

興味があれば登録しておいてください。

 

それでは、今日はここまで!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

次回「買い付けてからお客さんに商品が届くまで」に続きます

 

 

 

 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
Raku Itogawa
大阪モード学園 ファッションビジネス学科卒業後、年商数十億円規模のアパレルメーカーに入社。その後、アミューズメント・外食・物販事業など新店開発や既存店の収益改善に携わり、マネージャー職を歴任。外食事業を展開する企業では22歳で執行役員に就任。最高執行責任者として100名以上の人財教育、店舗支援、業務改善を担当。当時から神田昌典氏や米国の著名ダイレクトマーケッターの影響を大きく受け、店舗ビジネスでは10年以上前からダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れてきた。現在、日本屈指のコンテンツマーケッター 和佐大輔氏と日本最大級のライスワーク組織「RICEWORK LAB」を運営し、個人向け輸入コンサルティング、翻訳会社など複数の事業を展開している。また、ディストリビューターとして新進気鋭な海外ブランドの正規輸入販売店となり、全国のセレクトショップ・問屋などへ卸売事業も行う。数十社のブランドを取り扱い、並行輸入からメーカー総輸入元ビジネスまでアパレルに特化した輸入販売を得意としており、輸入転売だけをビジネスにする巷のBUYMAコンサルタントとは一線を画す存在である。ファッションビジネスの為に生まれたブランドではなく、「商品を通して、ブランドを通して、一人でも多くの人に気持ちを伝えたい。」そんな強い思いを持った海外ブランドの日本進出を支援する活動に力を注ぐ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています

IBAブログを購読

IBAブログを購読して役立つ情報をいち早く受け取りましょう!