戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

初心者がバイマ無在庫販売を始めるポイントとメリットとは?

カフェでキーボードを叩く人
The following two tabs change content below.
Raku Itogawa
学校法人大阪モード学園卒、新卒でアパレルメーカーに入社。その後、アミューズメント・外食・物販事業など新店開発や既存店の収益改善に携わり、マネージャー職を歴任。外食事業を展開する企業では22歳で執行役員に就任。運営責任者として100名以上の人材マネジメントを担当。当時から神田昌典氏や米国のダイレクトマーケターの影響を大きく受け、店舗ビジネスでは10年以上前からダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れてきた。現在、アパレルEC、個人向け貿易コンサルティング、翻訳事業などを行う一方、自らもディストリビューターとして、日本未上陸の気鋭なインポートブランドと独占販売契約を結び、小売店・問屋への卸売事業も行う。BUYMAなど輸入転売での最高月商は700万円。正規輸入での取り扱いブランドは30ブランドを超え、並行輸入からメーカー総輸入元ビジネスまで、アパレルに特化した輸入ビジネスを得意とする。

 

今日は、BUYMAで初心者が無在庫販売を始めるポイントとメリットついてお話しします。

前回はECサイトを立ち上げるときにスタートダッシュを決める方法を4回にわたってお話しましたね。

その際に

・無在庫で始めるか?
・有在庫で始めるか?

という事に悩む人は多いです。

どちらも一長一短でどっちの方がおすすめとも言えません。最初は無在庫で始める人が多いですね。

(今後も大きく利益を増やそうと思うのであれば、有在庫ビジネスも始めるべきですが、その話は別の機会に)

 

 

もしあなたがまだ輸入ビジネスを始めていなくて、やろうかどうか迷っているのであれば、この記事を最後まで読んでみてください。

  • 無在庫のリスクの低さ
  • 有在庫販売に勝るポイント
  • 今輸入ビジネスを始めるべき理由
  • 有在庫ビジネスの怖さ
  • これからのバイマがどうなっていくか
  • 発送が遅くてもユーザに購入される理由
  • 為替から考える輸入ビジネス参入のチャンス

について詳しくわかるようになってます。

 

 

 

 

無在庫販売にリスクが無い理由とは?

無在庫販売を最初に始める出品者がかなりいます。

でも、無在庫って参入しやすい代わりに稼ぎにくいようなイメージを持ってる人もいますよね?

ではあえて無在庫販売を始めるにあたってどのようなメリットがあるのか……

というと、大きくわけで3点で説明できます。具体的には、

  1. 無在庫販売には経済的リスクがほとんどない。
  2. 有在庫販売にあるデメリットをカバー出来る。
  3. バイマの認知度向上で無在庫販売がしやすくなる。

ということです。まずは一つ目から見ていきましょう。

 

 

無在庫販売には経済的リスクがほとんどない

 

無在庫販売では在庫を抱える必要がありません。

当たり前のことですが、これって売る側からするとかなり安心ですよね。

誰だって、最初始めるときは安全にビジネスを始めたいはずです。

FXや株のように資金をある程度用意してから

「儲かるか損するかはあなた次第」

というのは結構怖いです。

 

お金って、やっぱりもとから金持ちであるとか一部の例外を除けば、苦労して稼ぐ時期が誰にだってありますよね。

休みなく作業着に身を包んで汗を流しながらとか、油まみれになりながらとか……

あるいはデスクワークでも残業代も出なかったり、腰や目や肩などを悪くしてしまったり……

控えめにいっても楽ではないですよね。もちろん自分の欲しいものやしたいことも我慢して貯めてるはずですから。

そこまでして稼いだにも関わらず、もし失敗してしまったら一気に大事なお金がなくなってしまう事を考えてみてください。

それが1万とかでも嫌ですよね。というよりそれ以上に10万、100万みたいな大金を失ったりしたら、当時の僕なら卒倒してしまいます。

なので、在庫を持たず、無在庫で物販のビジネスをできることが無在庫販売の最大のメリットです。

「無在庫なので当たり前じゃないか」

と思うかもしれませんが、ここを外して無在庫は語れないほどの大きなポイントなので、有在庫に切り替える前に、必ず理解して欲しい部分です。

 

 

 

有在庫販売にあるデメリットをカバー出来る

無在庫のメリットを裏返すと、有在庫にはデメリットがあるということです。

有在庫にどのようなデメリットがあり、無在庫は、そこをどのようにカバー出来るのか……?

簡単に言えば有在庫は仕入れの時期や市場の流れ、業界のルールを知らないと痛い目を見ます。ところが無在庫であれば、ある程度市場に無知であっても色々な市場で勝負が出来るし、少なくとも損はしないということです。

例を出して紹介しますね。

 

有在庫販売の怖さを知る

せどりなど別の物販ビジネスであれば、アマゾンやメルカリといったサイトを利用しますよね。あるいは他のサイトかもしれません。

ですが、これらのサイトでビジネスを始めれば、在庫を用意してから販売することが一般的です。

それだと商品の買い付けをして仕入れした商品が売れなかった場合、不良在庫という状態になります。

この不良在庫という存在そのものがデメリットとなるわけです。

買った商品が売れずにいつまでも残っていたら……

って考えると、なかなか買い付けにも踏み切れないという人も多いんです。

 

 

仮に売れたとしても、こっちが売りたい値段で売れないということになってディスカウント(値下げ)をすることも

例えば1万円で仕入れたのに、売れないよりはマシだと8,500円とかで売るわけです。

当然利益率がさがってしまう……

ただでさえ利益率が高いビジネスではないのが物販ビジネスです。

よって、割引や値下げをして利益率を下げるのは自分の首を絞めることになってしまいます。

そういった意味で有在庫は怖いです。

僕は、ずっと物販ビジネスをしてるから、在庫をもつ恐ろしさは理解してます。

 

 

アパレルでの有在庫販売の例

たとえばアパレルで販売をするときに、アパレルの場合はメーカーが小売店に対して展示会をします。

今は2016年の7月。すでに巷のショップでは夏のセールが始まってる状態ですね。

この後、夏物では8月に入ると、クリアランスといって売り切りのセールがはじまります。

何が言いたいかっていうと、夏に入ったばかりにも関わらず夏物のセールが始まるってことです。

「最近暑くなってきたな」って思って服でも買おうかとお店に入れば、すでにお店ではラストスパートなわけです。

早すぎるって思いませんか?

 

 

業界では夏の時点で秋冬モノの受注がすでにほとんど終わってます。

6月とか7月頃に小売店からメーカーに対して、
この2016の秋冬のコレクションの発注を済ませています。

で、実際に入ってくるのは数ヶ月後。メーカーによって異なりますが、九月頃に商品が納品されます。

おおよそなので、9月じゃないところもありますが、だいたいそんなイメージです。

そしてやっと販売するわけです。

こうしてみると、在庫を抱えてる期間は非常に長いのがわかります。

発注するのがすごく早いのがアパレル業界なんですね。

 

売れなかった場合を考えると恐怖でしかありませんよね。

なので、資金繰りとしては無在庫のほうが圧倒的に有利。リスクが低いというわけです。

 

 

 

無在庫販売では市場を見極める必要がない

有在庫のリスクを考えれば、無在庫販売ではお客様から受注があってから仕入れをしますので、先に仕入れをしてギャンブルに出る必要はありません。

(ギャンブルというには語弊がありますが、やり方次第では本当にそうなります)

つまり、市場を先読みしたり業界の暗黙のルールなどを理解していなくても戦えるという事です。

さきほど説明したアパレルの仕入れの時期なんて、恐らく有在庫を始める段階だと知らない人がほとんどだと思います。

もし、このような事を知らずに在庫を仕入れていたら……? と思うと途端に怖くなりませんか?

無在庫ならそんなこと知らなくても(もちろん知ってた方が良いですが)十分に商品は売れるし、少なくとも損はしませんよね。

その安心感そのものを武器にして、いろんな市場に勝負を仕掛けられるというメリットがあります。

無在庫販売は有在庫のリスク性をカバー出来る販売方法だと言えますね。

まだ市場に疎い出品者であれば、有無を言わさず無在庫販売を初めてみるべきです。そうすることでその市場について肌で学べることがたくさんあるので。

ただ、無在庫で販売してると、買ってから届くまでの遅さであるとか、信頼性の面から考えると、不安に思う買い手が居るのも事実です。

実際に無在庫販売って売れるのでしょうか……?

 

 

バイマの認知度向上で無在庫販売がしやすくなる

その心配は無用で、無在庫販売でも売れますし、実際に僕も在庫なしでも稼いでます。

それに、これからはもっと稼ぎ易くなると思います。なぜなら、バイマを使う人が増えてきてるからですね。
むしろBUYMAの認知度はこれからも上がっていくでしょう。

なぜなら、ネットだけでなく、テレビCMなどで認知が広まりつつあるからです。

CM

 

ネットでいろんなブランドのものが安く手軽に買うことができるんだな、ということがユーザーにアピールされていきますよね?

そうなるとBUYMAにとりあえずアクセスしてみる人が増えるし、ブランド物に興味を持っていたユーザーはそのままBUYMAで買い物をするようになるでしょう。

 

さて、ここまで説明してきたことをまとめます。

初心者にとって無在庫販売で損をすることはないということです。

 

とはいえ、有在庫のほうがすぐに発送できるから、購入者としては買いやすいというメリットがあるのも事実です。

でも、国内でその商品が手に入らないから、日数を待ってでも買いたいというお客様はたくさんいます。

むしろ、今すぐ欲しい! 少しの時間だって待ってられない! なんてお客様の方が少ないです。緊急の手術じゃないんですから。

そういう人たちのためにバイマ(BUYMA)が存在していて、市場としては今でも伸びています。

これから先もしばらくはBUYMAは成長するでしょう。

 

じゃあ、有在庫にメリットが無いのか? という話にもなるし、

「いつまでも無在庫のままで良いんじゃ無い?」

と思う人もいるかもしれません。

 

有在庫のメリットは後でお話するとして、有在庫でも無在庫でも結局は同じ輸入ビジネスです。

どちらが利益があるか? という視点で柔軟に切り替えて勝負する考えを持つ方がいいですね。

 

でも、輸入ビジネスはすでに初めてる人が多いし、今更参入出来ない

……なんてことを聞いたことはないですか?

 

正直に言いましょう。

今輸入ビジネスを始めるのは……

 

 

有在庫販売、無在庫販売に関わらず、今はチャンスの時期

輸入ビジネスは今こそかなりアツいです。

「今からビジネスするなら何がいい?」

と聞かれれば、輸入がかなりオススメだというのが私の答えです。

「新規参入でも大丈夫?」

と思われるかもしれませんが、もちろん、問題なく稼げます。

なぜなら、今は円高の追い風があるからです。やはりお客様としても海外の商品を安く買えるというメリットが生まれます。

したがって海外から買い付けしてるBUYMAのパーソナルショッパー(バイヤー)から購入する人が、これからますます増えます。

 

しかし、このような状況であっても輸入転売に参入しない人は多いです。いかに簡単なビジネスとは言え、何の知識もノウハウもなくいきなり取り組めるものではありませんから。

逆に、そういう人が多いからこそ、あなたが今バイマ(BUYMA)で稼ぐチャンスでもあるわけです。

ですが、もし、いまこの記事を読んでるあなたが

「今チャンスなのはわかったけど、なんの知識もないから手を出せない」

と思ってるのであれば、

10日間マスタープログラム

上記の無料メール講座で、輸入ビジネスに必要なイロハを体系的に知れば良いだけです。

知識を得るためにいろんなサイトを拾い読みするのもいいですが、輸入ビジネスでは小手先のテクニックよりも、市場を知り、感覚を研ぎ澄ますことのほうが重要です。

・市場を知るにはどうしたら良いか
・売れる感覚がわからない
・最初は何から始めたらいいかわからない
・売れるか売れないか不安で怖い
・仕事をしながら莫大な情報を集められるか不安
・パソコンに詳しくないから、きっと難しい操作はできないので輸入も無理
・元手がないから輸入は自分には無理だ
・英語が全く理解できないから海外サイトなどは見れない

なんて思ってる人すべてに共通することが「基本を知らない」ということです。

逆に言えば基本さえわかれば、英語なんてそんなに必要ないことや、最初に何から始めるべきかも、すべてわかりますから。

そういった意味で、輸入に興味がある人は10日間でまず基礎を身に着けてください。

10日間マスタープログラム

その上で、いま稼ぐチャンスにあふれているバイマ(BUYMA)に取り組めば必ず成果は出せます。

為替を見れば、今、1ドル100円前後です。むしろ凄いのはヨーロッパですね。ユーロ、ポンドが軒並み下がってるので、凄いことになってます。

では、為替がどんな風になってて、今なぜ輸入で稼げる状況にあるのかをさくっと説明しますね。

 

 

ユーロの場合

今は1ユーロ112円ですね。もう以前とは比較にならないぐらい下落しています。

ついこの前まで1ユーロ130円ぐらいが普通だったのが、112円になってるんですね。

 

ポンドの方が今は凄い

ポンドはまた面白くて、ちょっと前まで180円の世界が131円になって50円ぐらい下落しているんです。

そういった為替も考えると、輸入ビジネスをする人にとっては今初心者が入りやすいのです。

 

 

 

円高でかなり輸入販売ビジネスの敷居が下がった

円高の影響で利益率が高くなってるということはおわかりいただけましたか?

つまり、輸入ビジネスに参入しやすい環境になってきた、ということです。

一つ売れることによって、1ドル120円の時代と1ドルが100円の時代を比べてみる。そうすると、ここだけで、20円も差額があります。

大幅に利益があがってますよね。

ポンドだったらもっと凄いです。

この間180円なのが130円になってるので……

この1ポンドあたり50円の差は、100ポンドなら5000円の差が出てきます。

同じ値段で販売しているのに、5000円の利益の差が出ます。

特に、イギリスがEUを離脱することになって、円高が進んでます。

ポンドが下がってるので、非常に参入しやすいんです。

 

ですが、注意すべきは為替に惑わされないということです。

ここまで説明したのにも関わらず輸入ビジネスが一番いいかと言えばそうでもありません。

「さっきまで言ってたことと違うじゃないか!」と思うかもしれません。

もちろん、為替の観点から見ると今輸入ビジネスをすればかなり利益が出るのは事実です。僕が輸入ビジネスをオススメするというスタンスに変わりはありません。

そうは言うものの、大事な所はそういうことじゃないんです。

結局、円高でも円安でも土台を固めたビジネスをできているか。ってことが一番大事なのです。

為替的に今チャンスだから輸入に手を出すということ。それは間違いではありません。

いずれまた、円安時代も到来するでしょう。永遠に円高なわけがありませんから。

あなたはそのとき輸入をやめてしまいますか?

僕はそれはオススメできません。

というのも、

それまで蓄積した市場のノウハウや輸入ビジネスのスキルを捨ててしまうのが凄くもったいないからです。

ゆえに円安でもビジネスが回せるように、しっかりとした輸入ビジネスの土台を作る必要があるわけです。

それに備えないと、いざ円安時代が到来したら、仕事ができなくなってしまいますから。

 

 

為替変動はボーナスタイムのようなもの

今は円高なので、かなり稼ぎ易い、というお話をしました。

初めて参入する人にとっては、輸入ビジネスに入りやすい時期になった印象ですね。

要するに、稼ぎやすい時期ということは、輸入ビジネスを今始めても挫折しにくいということです。

今の初心者ボーナス期間を活かして力をつけると同時に、為替が変動しても売れるテクニックやノウハウ、仕入れのルートを確立していきましょう。

プラスαで言えば、初心者がやりやすく出来る上に、なおかつ無在庫で損をしないバイマ(BUYMA)の輸入ビジネスにはメリットがあります。

 

 

最後に

いかがでしたか? 今日は

・無在庫販売にリスクが無い理由とは?
・有在庫販売、無在庫販売に関わらず、今はチャンスの時期

という二つのことについて詳しくお話ししました。

具体的には、無在庫販売には経済的リスクがなく、有在庫のデメリットもカバーする内容であることや、有在庫ビジネスは失敗が怖いという部分についてですね。

また、有在庫に移るためにも輸入のノウハウや市場についての知識も有在庫販売を続けることで手に入ります。

リスクがないのであれば、あえて無在庫販売を避けて通るメリットもないわけです。

 

もしあなたが、今まで輸入に踏み切れなかったのであれば、

今なんで輸入ビジネスを始めるのか?

という疑問も解けたのではないでしょうか。

為替の観点から見ると、今がすごくおいしいという部分や、バイマ(BUYMA)の認知度がこれからも伸びる部分もご説明しましたね。

 

だからといって無在庫転売が最強で、有在庫に切り替えるメリットは全くないのか?

といえばそうではありません。

今回の内容を踏まえた上で、次回は在庫を持つべきポイントとメリットを知れば、さらに輸入ビジネスに対する理解も深まり、利益にもつながるはずです。

そのあたりは次回お話ししていきますね。

それでは、今日はこれで。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています

IBAブログを購読

IBAブログを購読して役立つ情報をいち早く受け取りましょう!