戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

バイマで出品するときの関税・消費税と出品価格の決め方

外から商品を購入する時って商品価格以外にたくさんの費用がかかります。

 

例えば、送料・関税・消費税などの雑費ですね。

実際に輸入ビジネスをする時はこういった雑費について事前に調べておく必要があるんですね。

というのも、商品の価格を決める時に雑費を考慮して価格を決めないと大赤字になってしまう可能性があります。

この商品はこの位の利益が見込めるなと思っていたら、関税や送料でガッツリ持っていかれて、計算したら赤字になってしまったなんてことになりかねないんですね。

 

最近は日本語対応の買付先も多くなってきているので簡単に確認が取れるのですが、日本語記載のないショップでもサイト下部の「Shipments 」「Shipping & Delivery」などの項目を見れば記載があります。

特に「DDP(Delivered Duty Paid)」の記載があれば商品到着時に費用が掛かることは一切ありませんので、買い付け先のリサーチ時に関税が先払いなのか、後払いなのかを確認しておくと安心です。

 

また、買い付けに関しても国内で買い付けるのか、海外で買い付けるのかで価格が変わってきますし、海外だと国によっても買い付け価格が変わってきます。

当然ですが、買い付け価格は安い方がいいので、そういった買い付けの場所の比較も必要になってきます。

今回はその辺りの価格設定をする時に必要なことについて詳しく話していきますね^^

 

海外通販サイトの送料・関税の確認方法

商品購入時に一番気になるのが、送料はいくらかかるのか、関税(+消費税)はいくらかかるのか、だと思います。

また、この二つの金額が分からなければ出品価格も決められません。

それはさっきも書いた通り、値段設定によっては赤字になってしまう可能性があるからです。

ただ、送料や関税が先払いなのか後払いなのかはショップによって違うため、事前に確認をして把握しておく必要があります。

 

適当な商品を選んで購入画面まで進む方法でも分かるのですが、〇〇ドル以上送料無料や、日本向けに関税が価格に含まれている場合などがあるため、正確な情報はわかりません。

また海外通販Walkerというサイトでも送料・関税の確認をすることができますが、

最新の情報でない場合があるので、こちらも信憑性に欠けます。

 

具体的な関税の確認方法

では、具体的にどうやって確認すればいいのかについてですが各サイトの最下部(一部例外があります)の「Shipping & Delivery」「Delivery and shipping costs」などShipping・deliveryなどの言葉が入っている個所をクリックします。

 

一部例ですが、ほとんど同じですね。

サイトにより違いますが、開くと送料について色々と書かれています。

英語で長々と書かれているので苦手な方はchromeで日本語に翻訳をした方が分かりやすいかと思います。

 

(NET-A-PORTER)

 

郵便番号を入力すれば送料が確認できます。

関税については「TAXES&DUTIES」の項目をクリックすると確認できます。

他のサイトでも同じくTAXやDUTYの文字があるところに記載されています。

 

 

DDP(Delivery Duty Paid)の文言が入っていれば関税は売り手側が支払ってくれます。

 

逆にDDU(Delivery Duty UnPaid)とあれば商品到着時に関税を支払う必要があります。

※DDPやDDUのほかにtax exclやDUTIES AND TAXES INCLUDEDなどの記載があります。

「inclu」と約されている場合もあり「inclu」は込みで「excl」は別になります。

 

「Shipping & Delivery」などの項目の中に「International Orders」とある場合はそこに記載されています。

 

ちなみに、上の画像のNeiman Marcusは商品ごとに送料・関税が注文確定時に計算されるので、注文確定画面まで進まないと確認が出来ません(送料は約2万円以上で無料となります)。

 

国別に送料を一覧で表示しているサイトもあります。

Japanが無い場合「Rest Of The World」の項目に含まれています(日本への発送をしていない場合もあります)。

 

ほとんどのサイトで最下部のメニューから確認することが出来ますが、英語でわかりにくい場合はchromeで日本語表示にするか、文章ごとにコピーしてGoogle翻訳で確認すればわかります。

 

関税についてどうしても分からない場合は、到着時に関税がかかると思っていおいた方が確実です。

送料に関しては注文確認画面まで進むと確実にわかりますので安心してくださいね。

 

 

以上が送料と関税の確認方法となります。

ショップによって表示方法や文言が違いますので、いろいろなショップを確認してみるとだいたいわかるようになってきます。

また、関税が注文確定時に算出される場合もありますので、一度は購入確定画面まで進んでみてください^^

 

関税と消費税の計算方法

では、次に関税と消費税に計算方法について書いていきたいと思います。

ここまで関税の確認方法を書いてきましたが、万が一ということもあります。

たまたま運悪く不親切なサイトに当たってしまって関税がわからない時のために関税の計算方法を知っておいて損はありません。

消費税に関しても関税を計算する流れの中で計算することができますので合わせて紹介しますね。

 

アパレル商品の関税、消費税の計算方法

BUYMAの場合は主にアパレル商品(服・カバン・財布・靴など)がメインになってくるので、今回はそれらの関税率と計算方法を書いていきますね。

まず、服やカバン・財布などの場合、素材が革かどうかで関税率が変わってきます

ちょっとめんどくさいですよね(笑)

実際はもっと細かく分類されているのようですが、革製品かどうかで関税率が大きく変わってきます。

詳しい関税率はこちらの財務省のHPを参照してください。

 

革製品以外の衣類(革製品以外のバッグなども)の場合は商品本体価格の「60%×関税率(私の場合は12%で計算しています)」が関税額になります。

ただし、稀に配送業者から電話がかかってきて、個人用か商用か聞かれる場合があります。

この時、商用と答えた場合(正直に販売用と答えた方が確実です)や商品価格や合計価格が20万円を超える場合は「送料を含めた合計金額×関税率」となるので、かなり高くなってしまいます。

また、課税対象額(商品価格の60%)が1万円未満の場合は免税されるので関税はかかりません(ただし商用の場合は関税が課税されます)。  

革製品の場合は商品価格の「60%×関税率(16%:関税HPによると革製ハンドバッグの場合8~16%となっているため)」が関税額になります。

 

また、関税以外に消費税もかかってきます。

消費税は、

商品価格の60%+関税額×0.08(2017年4月現在の消費税率)」

となります。

 

靴の場合も革が使われているかどうかで変わってきて、革が使われている場合は「課税額の30パーセント(または商品価格の18%、同じ金額になります)」もしくは「¥4,300」のどちらか高いほうが適用されます。

革ではないスニーカーなどの場合は革製品以外の衣類と同じ計算で問題ありません。

 

また、腕時計の場合は無税なのですが配送業者によっては到着時に消費税を取られる場合があり、僕の場合、本体価格30,000円前後の腕時計で1,500~2,000円程、取られた経験があります。

 

関税額、消費税額の計算公式

まとめると以下の通りとなります。

革製品以外の衣類(バッグ・財布・スニーカー含む)

関税額=商品価格の60%×0.12

消費税=(商品価格の60%+関税額)×0.08(2017年4月の消費税率)

 

革製品(バッグ・財布など)

関税額=商品価格の60%×0.16

消費税=(商品価格の60%+関税額)×0.08(2017年4月の消費税率)

 

革靴

関税額=商品価格の60%×0.3

消費税=(商品価格の60%+関税額)×0.08(2017年4月の消費税率)

 

となります。

※実際に私が計算している率であって、厳密には異なります。

 

この計算で出た金額よりも少ない場合も多い場合もありますので、実際に取り寄せる商品の関税率を調べたうえで判断をお願いします。

また、この計算を毎回電卓でしていると1品あたりの出品の手間がかなりかかってしまいますので、エクセルシートに上記の計算式を入力して、商品価格のみ入力すればすぐに関税・消費税が分かるようにしておくと便利ですね。

※通貨ごとに、本体価格・買い付け先送料・関税・消費税・国内送料(割引がある場合は割引額)を入力する欄を作成して、別のマスに本体価格を入力すれば、12%の場合の関税・消費税、16%の場合の関税・消費税、革靴の関税・消費税が出るような計算式を作ると実際にかかる費用がすぐにわかります。

 

ただ、さっきも書きましたがこれはあくまで関税や送料、消費税が分からない場合の確認方法なので、買い付けのサイトで分かる場合は、わざわざ計算する必要はありません。

絶対に計算しなければいけないものではないので、その辺りを勘違いしないように気を付けてくださいね。

 

 

国内と海外の本当の価格差  

ここまで書いてきた通り、商品を仕入れる場合は商品価格だけでなく送料・関税・消費税がかかります。

また、販売をして利益を出すには、BUYMA手数料や購入者に発送する費用なども加算したうえで利益を上乗せする必要があります。

※BUYMAの場合は購入者側も設定された金額以外に、消費税・BUYMAシステム利用料・あんしんプラス加入料とかかってくるため意外と高くなってしまいます。

なので、国内商品と海外の販売価格だけを見て「海外価格の方が〇〇万円安い!」と思っても実際に計算をすると逆に国内価格よりも高くなる場合もあるので注意が必要です。

 

ただ、ブランドによっては海外での定価が日本の販売価格の半額以下の物や、販売価格の安いセレクトショップを見つけて、そこで購入したり、VIP購入できるショップを作ることによって仕入れ価格を抑えることで利益を加算しても国内よりも安く販売できる物は沢山あります!

例えば、BUYMAでも人気のステラ・マッカートニーを日本公式サイト、アメリカサイト、ヨーロッパのセレクトショップで比較すると、同じ商品(ブラック ファラベラ デニム スター スモール トート)でも 、

日本公式サイト:¥170,640

アメリカ公式サイト:$1,275($893:確認時セール価格)
※¥141,525、セール価格¥99,123

ヨーロッパセレクトショップ:¥101,312(¥70,919:確認時セール価格)

 

となっていました。

 

日本公式サイト

 

アメリカ公式サイト

 

ヨーロッパセレクトショップ(G&B NEGOZIO)

 

アメリカ公式サイトとヨーロッパのセレクトショップの価格に送料・関税・消費税・国内送料のみを加算した場合、

アメリカ公式サイト:約¥166,000

ヨーロッパセレクトショップ:約¥115,000

※共に通常価格から計算 となります。

 

アメリカの定価で仕入れるとなると、個人で取り寄せる分には日本よりも安くはなるのですが、販売するとなると日本よりも高くなってしまいます。

ただ、セール価格で購入ができれば十分利益の取れる価格差となります。

ヨーロッパのセレクトショップからの買付であれば、通常価格でもかなりの利益をプラスすることができます。

こういった部分は慣れてこないと難しいかもしれませんが、利益を出すためにはしっかりと考えていかないといけないところですね。

 

ちなみに、イタリア公式サイトの場合€900(約¥112,500 €1=¥125換算)なので、同じ公式サイトでも仕入れる国によっても価格差があります。

このように仕入れ先(国)によって買い付け価格に大きく差があるため、取り扱うブランドの買い付け先リサーチが非常に重要になってきます。

買い付け先をしっかりとリサーチして、取り扱うブランドがどこのショップ(国)からなら安く仕入れれるのかを見極めていかなければいけませんね。

※必ずしも、そのブランドの発祥国が安いとは限りませんし、キャッシュバックサイトの割引率やVIP購入の有無によっては公式定価の安い国のショップよりも仕入れ価格が抑えれる場合もあります。

ちなみに無料で発行しているメルマガでは、この辺りのリサーチについてもガッツリ話しています。

良かったら登録してみてください^^

 

 

出品価格の決め方

ここまでのお話で実際に商品を仕入れる時にかかる費用の算出方法をお伝えしましたので、後は出品価格を決めるだけです。

出品価格の決め方はハッキリ言って自由です。

誰かがいくらにしなさいと言っている訳でもありませんからね。

安すぎれば利益が出ないし、高すぎればいつまで経っても売れないだけです。

その辺りは個人のさじ加減でいくらでも調節できます。

 

ちなみにさっき例として挙げたステラマッカートニーのバッグは日本で人気があり、完売している場合は国内定価より高い値段にしても売れる可能性はあります。

国内価格が¥170,640なので、ヨーロッパのセレクトショップで買い付けて(買付価格:約¥115,000)、国内価格で販売して売れれば約¥55,000ほどの利益を出すことができます。

ただし、そのような人気商品の場合は他のショッパーたちも見つけている可能性が高く、資金力のあるショッパーが在庫を抱え込んでしまうこともあります。

なので、ある程度資金があるのであれば、そういう商品を狙って在庫を持つというのも、一つの方法になります。

 

あとは自分なりのルールを決めておくと、後々外注化したときに出品価格まで外注パートナーさんに設定してもらうことができます。

例えば、仕入れ価格(関税・消費税など込み)の1.3倍や、〇〇円までは一律5,000円プラス。

〇〇円~〇〇円までは10,000円プラスなどと決めておくと出品時の価格決めがスムーズになります。

 

関税・消費税の計算式を作ったエクセルシートに一緒に販売価格を決めれるように計算式を作っておくと非常に便利になります(外注するときは作ったエクセルシートをそのままパートナーさんに渡せばOKです)。

エクセルが苦手な方でも少し調べれば簡単に作成できますし、どうしても分からない・時間の無い方はクラウドワークスなどで依頼をすれば作ってくれる人が見つかると思います。

 

 

今回、紹介した計算方法で実際にかかる(であろう)費用と、出品価格をすぐに出せるようにすれば出品時の手間が減り、外注時のパートナーさんの負担も減りますのでぜひお試しください。

僕もBUYMAを始めたころは1点1点電卓でざっくりとした計算しかしていなかったので、計算に時間がかかったり、計算間違いで利益が無くマイナスになってしまったことが多々あります。

こういうミスを無くすためにも関税・消費税と出品価格の算出は誰がやっても同じ結果が出るように仕組化をしていきましょう。

 

 

では、今回はここまでにします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
WasaTomonori
WasaTomonori
IBA Writer株式会社SPINS
理美容専門学校卒業後、美容室・自転車屋で働くもサラリーマンとしての将来に不安を感じオンラインビジネスの世界に参入。パソコン知識・英語力ゼロながらも、IBA糸川が講師を務めるRICEWORK LABの0期生としてBUYMA・EC輸入転売のキャリアをスタートし、月商200万円を達成!VIP仕入れ先は6店舗、時計を始め中価格帯ブランドの販売を得意とする。また、日本屈指のコンテンツマーケターである和佐大輔氏のお世話係であり、日常生活からビジネスのサポートに至るまでを担当する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています

IBAブログを購読

IBAブログを購読して役立つ情報をいち早く受け取りましょう!