戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

バイマで価格設定をする際に必ず知っておくべきこと

先日、阿倍野ハルカスの展望台でブロジェクションマッピングを堪能してきました。

プロジェクションマッピングとは、パソコンで作成したCGとプロジェクタの様な映写機器を使って、建物や物体、あるいは空間などに対して映像を映し出す技術のことを言います。

日本一の高さを誇るビルで観るプロジェクションマッピングは格別でした。

日本一高いビルで見る絶景のロケーションと、プロジェクションマッピングという最新技術を組み合わせた価値と価値の融合で、さらなる価値を生み出します。

この時代、人の価値観が多様化しすぎて1つの価値だけだと満足されません。ビジネスをする上で価値と価値を組み合わせた提供を意識しないといけませんね。

 

さて本日は、

BUYMAでの出品価格設定について解説します。

パーソナルショッパーとして活動を始めたばかりの時、価格の設定で迷ったことはないですか?

・最安値でなければ売れないのか?
・海外発送者と比べてどのぐらいの価格差なら売れるのか?
・仕入れをする際にどれだけの経費がかかるのか?
・自分の利益はどの程度残せるように販売価格を設定すれば良いのか?

このようなことを考えていると出品が少し億劫になってしまいますよね。

まず、価格設定をするための基本的な構成について解説しますね。

 

出品価格は何で構成されているのか?

一般的に小売は販売価格の設定が売上に大きく影響するといわれていますが、この要素を大きく分けると「仕入れ値」と「諸経費」と「利益」の3つに分けられます。

販売価格が仕入れ値と諸経費の合計より低ければ赤字、高ければ利益が出て黒字になりますね。

当然のことですよね。

◾︎販売価格=仕入れ値+諸経費+利益

=POINT=
販売価格>仕入れ値+諸経費 黒字
販売価格<仕入れ値+諸経費 赤字

ここで重要になってくるのは「仕入れ値と諸経費がどれだけかかるのかを適切に把握すること」です。

以外にこれ忘れてしまうんです。

そこで、海外と日本国内、個人と法人では若干の違いはありますが、

今回は、日本在住個人パーソナルショッパーにとっての仕入れ値と諸経費は何にあたるのか?について噛み砕いていきます。
そのうえで、出品価格の中身はどのようなものになるのか?を一般的な観点で説明します。

 

日本在住個人パーソナルショッパーの仕入れ値の中身

◾︎仕入れ値=商品買付代金

◾︎諸経費=BUYMA手数料(7.56%)+国際配送料+その他雑費

その他雑費は、お客様に対するサービスの質によって変化してくる要素ですね。

例えば、梱包用の資材などが挙げられます。
梱包をどこまでするのか?
また、ラッピング対応した時の包装代などです。

ここまでの内容を踏まえますと、海外の個人パーソナルショッパーの出品価格の中身は以下の様になります。

◾︎出品価格の中身
出品価格=[(仕入れ値+諸経費)×為替)+利益]×BUYMA手数料7.56%

<具体例>
①商品代金$500の商品を1つ買い付け
②国際送料$20
③BUYMA手数料7.56%
④10,000円の利益を出したい
⑤為替120円/1ドル

<出品価格>
[(仕入れ値($500)+国際送料$20)×為替120円(変動)+利益10,000円]×BUYMA手数料率1.0756=77,873円

以上が基本的な出品価格の基本的な中身となりますが、ご理解いただけましたでしょうか?

ここで、関税負担を購入者にするか、パーソナルショッパーにするかによっても大きく出品価格に影響します。
初心者は、この計算を入れず赤字になってしまうケースがあります。

転送会社や海外の買い付けパートナーを利用して、海外から購入者に直送する場合は、関税負担を購入者がするのが一般的です。

逆に、国内(あなたの自宅や会社など)に一度輸入してから国内発送する場合は、関税はあなた負担となります。

 

関税の計算方法は複雑且つ税関担当者によっても左右される傾向にあります。

革製品を除き8〜12%を見ておけば問題ないでしょう。
時計のように関税が課税されない品目もあれば革製品のように関税率が16%若しくは4,300円の高いほうが課税される品目もあるので、その点はご注意を!

The following two tabs change content below.
Raku Itogawa
大阪モード学園 ファッションビジネス学科卒業後、年商数十億円規模のアパレルメーカーに入社。その後、アミューズメント・外食・物販事業など新店開発や既存店の収益改善に携わり、マネージャー職を歴任。外食事業を展開する企業では22歳で執行役員に就任。最高執行責任者として100名以上の人財教育、店舗支援、業務改善を担当。当時から神田昌典氏や米国の著名ダイレクトマーケッターの影響を大きく受け、店舗ビジネスでは10年以上前からダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れてきた。現在、日本屈指のコンテンツマーケッター 和佐大輔氏と日本最大級のライスワーク組織「RICEWORK LAB」を運営し、個人向け輸入コンサルティング、翻訳会社など複数の事業を展開している。また、ディストリビューターとして新進気鋭な海外ブランドの正規輸入販売店となり、全国のセレクトショップ・問屋などへ卸売事業も行う。数十社のブランドを取り扱い、並行輸入からメーカー総輸入元ビジネスまでアパレルに特化した輸入販売を得意としており、輸入転売だけをビジネスにする巷のBUYMAコンサルタントとは一線を画す存在である。ファッションビジネスの為に生まれたブランドではなく、「商品を通して、ブランドを通して、一人でも多くの人に気持ちを伝えたい。」そんな強い思いを持った海外ブランドの日本進出を支援する活動に力を注ぐ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています