戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

リスク極小のバイマ無在庫販売!在庫販売との大きな違いとは?

BUYMAでは基本的に無在庫で販売が出来るので、リスクを負わずに販売活動が出来ます。

なので、在庫を抱えるより無在庫で販売する方が一見、良さそうに見えるのですが、一方で在庫を持つことによって様々な戦略を立てたり、価格以外で他バイヤーとの差別化を図ることが出来ます。

ただ、難しいのが日本国内との差額がある商品や国内完売品だからと言って在庫を持てばいいというものではありません。

今回は在庫・無在庫のそれぞれのメリットと在庫しておいた方がいい商品。

別のプラットフォームでの販売方法などをお伝えしていきたいと思います。

 

BUYMA輸入転売での在庫のメリット・デメリット

まず在庫することのメリットですが、確実に商品を提供できることと、即発送できるため、お客様のニーズにいち早く答えることが出来ることです。

BUYMAは基本的に無在庫での販売がメインとなるためお届までに1週間前後かかってしまいます。
(仕入れ先によっては2~3週間ほどかかることがあります)

なので、少しでも早く商品が手元に欲しい人は多少高くても在庫のあるものを選んでくれます。

 

また、無在庫で販売をしていると、どうしても受注が入ってから買い付けをしようとするので、その商品がすでに完売をしていたり、為替の変動で買い付け価格が、上がってしまっていることが多々あります。

元々買い付けを予定していたショップで完売してしまっていた場合、他のショップで探す手間がかかったり、見つかっても仕入れ価格が高くなったり、品番の記載が無く本当に同じ商品か確認が取れない場合などもあります。

為替の変動で仕入れ値が上がってしまっている場合も、利益が出る範囲内であればいいのですが、マイナスになってしまうような場合、販売価格の変更を伝えなければならず、だいたいの場合、受注キャンセルとなってしまいます。

しかし、在庫を持っていれば、在庫切れでのキャンセルや為替の変動による価格の上下が無いため安定した利益を得ることが出来ます。

 

デメリットとしては、やはり売れなかった場合に不良在庫となってしまう事と、売れる商品を見極めるためにある程度の経験情報収集能力が必要となってきます。

売れなかった場合の対処法としては後ほど詳しく説明していきますが、売れ残りについてはヤフオク・メルカリなど簡単に登録が出来て、すぐに販売できる媒体での販売など、販路を増やすことでリスクを減らすことが出来ます。

 

また、売れる商品の見極めについては実際に慣れていくことや、ツール(BuyerLifeなど)を使うことで実際に売れる商品が分かってきます。

あとは、最初は低価格でサイズ展開のない商品などを取り扱っていくと、リスクを押さえることが出来ます。

こちらも後程、詳しく説明をしていきますね。

 

無在庫のメリット・デメリット

次に無在庫でのメリット・デメリットですが、こちらはそのまま在庫のメリット・デメリットの逆になります。

無在庫でリスクが無いため、売れるか売れないかわからなくてもとりあえず全部出品してしまっての物量作戦が出来ます。

とりあえず出品数を増やして、少しでも自分のページを見てもらうためには有効ですが、実際には労力や外注費がかかるため、ある程度出品数が増えてきたら売れる可能性の高い商品を狙って出品していく必要があります。

また、高額商品や靴や服など、サイズ展開のある商品を幅広く取り扱うことが出来るため、BUYMAでは基本的に無在庫がメインとなってきます。

 

デメリットとしては先ほどもお伝えしたように、為替の変動での販売価格の上昇や在庫切れによる受注キャンセルや、お渡しまでにかかる期間のせいで販売に繋がらないケースなどがあります。

どちらも一長一短あるので、商品によってうまく使い分けていく必要があります。

在庫をする場合はある程度資金が必要なため、無在庫で出た利益を在庫商品に充てていくなど、少しづつ在庫品を増やしていくといいでしょう。

 

在庫する商品

実際にどんな商品を在庫するかですが、まずは低価格でサイズ展開が無く、季節感のないものがお勧めです。

例えばアクセサリーや腕時計、財布などですね。

また、BUYMAのブランドページやBuyerLifeを使えば、実際に売れている商品が確認できるのでお勧めです。

年末のセール時期や毎年11月の第4金曜日に開催されるブラックフライデーでは、かなりの割引率で買付できることから、このタイミングで在庫に踏み切るのもいいかと思います。

財布だとマイケルコースやフルラなど低価格で人気のブランドの物だと毎年人気のモデルなどがあるので、事前にしっかり調べておき、その年の人気のカラーや定番カラーを押さえておくと不良在庫になりにくいです。

 

また、セール時期でなくてもまとめ買いによる価格交渉をすることで通常よりも安く仕入れることが出来る可能性があります。

まとめ買いで安く仕入れておけば、例え、売れ残ったとしてもセール時期に安く販売すれば、トータルで利益を出すことが出来ます。

また、モンクレールであれば、冬のシーズン終わりにBUYMAが在庫を引き取ってくれるサービスもあります。

在庫確保済みモンクレールの特集もあるため、資金に余裕があればモンクレールの在庫もお勧めです。

 

別プラットフォームでの販売

最後に在庫した商品の販売先として、別のプラットフォームでの販路拡大についてお伝えしていきます。

BUYMA以外でも個人で販売可能なプラットフォームとしては、登録が簡単なところだとヤフオクメルカリなどありますし、登録に多少手間はかかりますがヤフーショッピングAmazonでの販売なども可能です。

在庫数が少ない場合はヤフーショッピングやAmazonでの販売には不向きなので、最初のうちは在庫を仕入れたらヤフオク・メルカリなどでも出品するようにしておきます。

プラットフォームによって売れる商品が違ってきたり、ライバルが少なければ販売価格を上げることも可能です。

私の場合、水着や腕時計はBUYMAより高い金額でメルカリに出品していますが、普通に売れています。

 

また、ある程度、在庫数が増えてくればヤフーショッピングやAmazonでの販売を視野に入れていくことも考えていきます。

その場合、在庫する商品のカテゴリーはまとめておいた方がいいです(時計や財布・バッグなど)。

登録は少し面倒ですが、一度登録さえしてしまえば後はBUYMAと同じです。

 

ただ、どうしても面倒な場合は、外注に任せてしまう事も可能です。

また、カラーミーショップなどで自分のECサイトを作ってしまえば、手数料を他プラットフォームよりもかなり安く出来るので、最終的には独自ECサイトを作ることをお勧めします。

 

このように、BUYMA以外にも販路は無数にありますので、しっかりとリサーチしていれば在庫を持ったとしても売れ残るということはそうそうありません。

それでも、やはり在庫を持つのが心配という方は無料メルマガでも色々な情報を発信しているので参考にしてみてください。

売れ残りなどが心配になるかもしれませんが、まずは一つでもいいので在庫を持ってみてくださいね。 

 

では、今回はここまでにします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 

The following two tabs change content below.
WasaTomonori
WasaTomonori
IBA Writer株式会社SPINS
理美容専門学校卒業後、美容室・自転車屋で働くもサラリーマンとしての将来に不安を感じオンラインビジネスの世界に参入。パソコン知識・英語力ゼロながらも、IBA糸川が講師を務めるRICEWORK LABの0期生としてBUYMA・EC輸入転売のキャリアをスタートし、月商200万円を達成!VIP仕入れ先は6店舗、時計を始め中価格帯ブランドの販売を得意とする。また、日本屈指のコンテンツマーケターである和佐大輔氏のお世話係であり、日常生活からビジネスのサポートに至るまでを担当する。

“リスク極小のバイマ無在庫販売!在庫販売との大きな違いとは?” への1件のコメント

  1. Jody より:

    : C’est bien, je t&nurso;iqforme que tu viens de faire sauter ta garantie. Non, la surcouche opérateur n’est pas la cause puisque des Notes vendus hors Opérateur sont touchés.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています