戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

輸入ビジネスを始めるならこれ!バイマが超初心者向けである理由とは?

バイマが超初心者向けである理由

れから輸入ビジネスを始めるにあたって、

何から始めればいいのか?

何を準備すればいいのか?

お金はいくら必要なのか?

などなど不安に感じていることが色々あると思います。

 

また、どのプラットフォーム選べばいいのかなども気になると思います。

法人でなくても個人で物販が可能なサイトとしてはAmazonをはじめ、楽天やyahooショッピングなど、沢山の媒体があるので余計に迷ってしまいますよね。

 

そんな中で輸入ビジネスを始めるなら私は「BUYMA」をお勧めします!

もちろん、何を販売するかによって最適な媒体は変わってくるのですが、アパレル商品の販売に強く、基本的に無在庫での販売を前提としているBUYMAであれば大きなリスクを負うことなく輸入ビジネスを始めることが出来ます。

今回はBUYMAの販売で利益が出る仕組みを8つの流れでご説明していきます。

 

 

BUYMAってどんなサイト??

 

では、まず最初にBUYMAがどんな媒体なのか説明します。

ここを知ってもらわないことには、いくら僕が「BUYMAすごくいいよ!」って言っても、説得力がないですからね(笑)

 

じゃあ、BUYMAがどんなサイトなのかと言うと、

 

「BUYMAは、海外在住のパーソナルショッパー(出品者)から世界中のアイテムを購入できるソーシャルショッピングサイトです。」

海外ブランド取扱数6,000以上

日本未入荷アイテムが豊富

国内完売アイテムが手に入る

トレンドアイテムが充実

(BUYMA.comより引用)

 

など、ファッションアイテムに特化した通販サイトとなっています。

 

「海外在住のパーソナルショッパー」と記載されていますが、日本在住でのパーソナルショッパー登録も、もちろん可能です!

実際にパーソナルショッパーランキングTOP100の上位にランクインしているショッパーの内、約半数近くが日本在住のショッパーとなっています。(2017年1月時点)

 

BUYMAの一番の特徴としてはお客様から受注が入ってから商品を仕入れるので、無在庫での販売が可能というところです。

ただ、ある程度実績と経験を積んできたら無在庫と有在庫を組み合わせての販売に推移してく必要が出てきます。

無在庫と有在庫のメリット・デメリットや、在庫を持つタイミングなどはまた別の記事で書いています。

その記事はこちら⇒バイマ輸入ビジネスで在庫を持つべきポイントとメリットとは?

 

BUYMA転売で利益を上げる8ステップ!

 

では、次にBUYMAではどのような流れでビジネスを行うのか説明しますね。

やったことのない人からすると難しそうと思うかもしれませんが、意外と簡単なのでしっかり読んでもらえたらと思います。

 

BUYMAでのビジネスの流れとしては以下のようになります。

・リサーチ

・出品

・受注

・買付

・発送

・お客様からの到着通知

・BUYMAに入金申請

・入金

となります。

少し数が多いと感じるかもしれませんが1つ1つはとてもシンプルなので、誰でも実践することができますよ。

 

では、上記の流れを一つずつ簡単に説明していきます。

 

・リサーチ

需要と供給のバランスを考えて、今もしくはこれからお客様が欲しいと思うであろう物を探すための作業になります。

BUYMAでは出品自体は無料で出来るので、手あたり次第に出品することも可能ですが、無駄な労力がかかってしまう事になるため、売れる商品を探し出す作業になります。

ある程度コツがつかめてきたら外注化をすることも可能です。

 

・出品

リサーチして見つけた商品をBUYMAに登録していく作業になります。

こちらも早期に外注化することで出品数を増やしていく必要がありますが、最初は自分でやって流れを理解しましょう。

クラウドワークスやランサーズなどのSOHOサイトではBUYMA出品経験者も多数いるので、未経験者に比べると費用は高くなりますが経験者の方にお手伝いしてもらうのも有効な手段です。

※SOHOサイト:仕事をやってくれる外注さんを探せるサイト

 

・受注

出品した商品に注文が入った状態です。速やかに買い付けを行い、お客様に連絡をするよう心がけましょう。

お客様との密なコミュニケーションが顧客満足度の向上につながり、BUYMAでの評価を上げるポイントになってきます。

 

・買付

受注が入った商品を海外の買付先から仕入れます。出品から時間が経ってしまっていたり、人気の商品の場合、すぐに完売してしまっていることもあります。

完売の場合は他の買付先で探せるよう、出来るだけ多くの買付先を知っておく必要があります。

他の買付先でも見つからなかったり、販売価格が上がってしまう場合でも直ぐにお客様に連絡をします。

受注実績のために自腹を切るようなことをする必要は無いので、正直にお伝えしましょう。

完売で買い付けが出来ない場合は完売の旨だけでなく、代替商品や新商品の案内も必ず提案するようにします。

「そんなのあんまり意味ないんじゃない?」と思うかもしれませんが、元々注文した商品よりも気に入っていただけて、受注につながるケースも多々ありますので。

 

あと、買付はオンラインでクレジットカード決済を行います。

なので、事前にクレジットカードを用意しておいてくださいね。

クレジットカードを使って買付をするということは、ある程度の資金が必要なのかと思うかもしれませんが、大丈夫です。

基本的には自己資金なしでチャレンジできるのがBUYMAです。

どういうことかと言うと、例えば、買付に「4」かかった商品が、「8」で売れた場合、買付の「4」の費用は売上金額の「8」の中から支払うため、基本的には資金無しで利益を出すことが出来るんですね(数字は話を分かりやすくするための例なので特に意味はありません)。

 

※買付から発送までの日数や、お客様がなかなか到着通知をしてくれなかったり、BUYMAに入金申請をするタイミングを間違えたりすると自己資金での支払いが必要になります。ただし、タイミングの問題なので販売金額の設定さえ間違えなければマイナスになることはありません。

 

この場合、表面上の口座の動きとしては+4されるだけなので、別に資金がなくても問題ない、ということですね。

 

・発送

買い付けた商品が届いたら検品、梱包をしてお客様の元に発送します。

海外製品は糸のほつれがあったり、梱包が雑だったりするのでキレイな状態で発送するよう心がけます。

発送する際の袋や箱は新しいものに交換をしてください。

この時、商品だけでなく、お礼状などを同梱しておくと印象が良くなります。

発送作業もものすごく手間のかかる作業なので、ある程度受注が増えてきたら外注化をしましょう(個人や業者など様々な外注方法があります)。

 

・お客様からの到着通知

発送した商品がお客様の元に届き、商品に問題が無ければ到着通知が届きます。

現在は到着通知に対する返信は必須ではありませんが、必ずお礼の返事を返すよう心がけましょう(全体に公開のため、お礼の返事をすることで他のお客様から信頼のできるショッパーという印象を与えることが出来ます)。

 

・BUYMAに入金申請

購入者の受け取り確認後、所定の日数で「振り込み依頼受付中」となります。

振込の詳しいスケジュールについては下記を参照してください。

⇒http://help.buyma.com/buyer/50/
(BUYMAの公式ページに飛びます)

 

また、ご自身のクレジットカードの請求日に合わせてまとめて入金申請することで、振り込み時の手数料を抑えることが出来ますので、入金スケジュールとクレジットカードの引き落としのスケジュールはしっかり把握しておきましょう。

 

・入金

入金申請をした金額がご自身の銀行口座に振り込まれます。

ここから仕入れ代や各種経費を抜いた額があなたの利益となります。

ただ、ここで注意してほしいのが、利益は欲しいものを買ったり、美味しいご飯を食べに行ったりせずに在庫の確保や次のビジネスのために使うようにしましょう。

嬉しくなって、つい他のことに使いたくなってしまう気持ちもわかるのですが、そこはグッとこらえて、次回以降の資金に回してビジネスを加速させていきましょう。

 

 

 

BUYMAで利益が出るまでの流れは以上となります。

 

実際は出品した商品のテコ入れや、パーソナルショッパーポスト(メルマガのようなもの)の活用、アフターフォローなどの細かい作業はいくつかありますが、大まかな流れは以上となります。

ちなみにこちらの無料メルマガではその細かい作業まで詳しく丁寧に解説しているので興味があれば登録してみてください。

BUYMAである程度利益を出して、在庫も持つようになってきたら、他の媒体(Amazon・Yahoo!ショッピング等)への参入や独自のネットショップ作成での販路拡大など次につなげていくことが出来ます。

もちろん最初から複数の媒体で始めたり、ネットショップの作成から始めたりすることも可能なのですが、一度にたくさんのことを進めるというのは普通の人には不可能です。

結局、上手くいかずに辞めてしまうということに成りかねないので、一つずつ進めていくようにしましょう。

 

また、BUYMAは前提条件として売れてから仕入れるという極めてリスクの少ない方式を採用しているので、最初に手を付ける媒体として最も適していると言えます。

BUYMAで売れる商品の見つけ方や販売の流れを掴んだり、買付先の確保、顧客のニーズを掴む力を養ってからネットショップや他媒体への販路拡大をするとよりスピーディーかつ確実に結果を出すことが出来るでしょう。

 

なので、輸入ビジネス初心者の方はまずはBUYMAから試してみてくださいね。

 

では、ここまでにします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
WasaTomonori
WasaTomonori
IBA Writer株式会社SPINS
理美容専門学校卒業後、美容室・自転車屋で働くもサラリーマンとしての将来に不安を感じオンラインビジネスの世界に参入。パソコン知識・英語力ゼロながらも、IBA糸川が講師を務めるRICEWORK LABの0期生としてBUYMA・EC輸入転売のキャリアをスタートし、月商200万円を達成!VIP仕入れ先は6店舗、時計を始め中価格帯ブランドの販売を得意とする。また、日本屈指のコンテンツマーケターである和佐大輔氏のお世話係であり、日常生活からビジネスのサポートに至るまでを担当する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています