戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

バイマで安い仕入れ先をたった3分で見つける2つのアプローチ

バイマで安い仕入れ先を3分で見つける方法

 

バイマやECサイトでの輸入転売をするのであれば、仕入先をたくさん知っておくことが重要です。

もちろん、価格差のある商品や売れる商品を調べることも大事なので怠ってはいけませんが、どのショップが安く買えて日本への発送ができるのかを事前に調べておくことも同じぐらい大事だということです。

 

仕入先をたくさん知っていれば、それだけで他のライバルよりも優位に仕入れをするチャンスが増えるのは言うまでもありません。

逆に、一つの商品に対して一つの買い付け先しか知らないと、注文が来たときに在庫がないような状況になることもあり、困りますよね。

その場合、せっかくの注文なのに在庫切れでキャンセルせざるを得なくなり、受注の機会を逃すことになります。

 

そうならないためには、安く買える仕入先をたくさん知り、管理しなければなりません。

今回は仕入先の探し方だけではなく、安く仕入れするための工夫や仕入先の管理についての部分も話していきます。

仕入れ先は探すだけでは意味がなく、その仕入れ先を「利用できて」始めて価値があるのです。その部分も含めてリサーチに入るためにも、ぜひ最後まで読み進めて下さい。

 

 

 

【BUYMAで仕入先を探す】安く買い付けできる仕入先を多く知り管理する

たくさん仕入先を持っておくことが重要です。

なぜなら、より多くの買い付け先を知っていれば、販売価格が変わってしまっても受注につながる可能性が高くなるからです。

 

ただ、冒頭からお伝えした通り「仕入れ先を探した」だけでは意味がありません。

 

仕入れ先を探した上で

  • 仕入れ先を管理する
  • BUYMAでより利益を出すために仕入先から安く買う

といった二つのステップを踏んでようやく「使える仕入れ先」となるのです。

 

ステップ1:仕入先を管理する

仕入先は見つけて終わりではなく、エクセルなどに買い付け先のデータを入力しておくと、後々外注化した際に仕入れを担当してもらう外注パートナーでも対応がしやすくなりますので、地道に買い付け先のリスト化は進めておきましょう。

Excelでも構わないですが、無料で利用できてWEB上で管理できるGoogleスプレッドシートがおすすめです。

外注パートナーともメールでのデータファイルの送受信が不要なので使い勝って抜群です。

https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/

ご自身のGoogleアカウントがあればそのまま使えるので、上記リンクより試してみてください。

リストには、買付先の所在地・通貨・関税の有無・送料・割引の有無・安く買付ができるブランドなど入力しておくと便利です。

 

ステップ2:BUYMAでより利益を出すために仕入先から安く買う

当然ですが、商品は安く仕入れて高く売る方が利益が大きいです。

売値は相場があるのであまり自由にはできませんが、仕入れ値は工夫次第でかなり安くできます。

 

安く買うにはVIPで買うか、キャッシュバックサイト&クーポンサイトを利用するのがスタンダードです。

それぞれ詳しく説明します。

 

VIP価格で購入する

business-1320058_1280

 

まずやってみるべき作業は「VIP交渉」

 

リストアップしたショップには全てVIP交渉のメールを送るようにしましょう。

とはいえ、仕入先は海外サイトが多いので「英語がわからないのだけど・・・」と思う人もいるかもしれません。

Google翻訳が使えるといってもビジネスの交渉にふさわしい文章を作るのは難しいです。

 

例えば、外国の方からメールが来て、

「私あなたのサイトである商品を購入し安くしたいです」

みたいなカタコトの文章が書いてたら不安になりますよね。

 

なぜ不安になるかといえば、言葉がちゃんと通じないと信用できないからです。

なので、英語の文章はしっかりしたものを使わないと信用がなくなります。

 

であればどうするべきか、というと、

VIP交渉のメールは有料の翻訳サイトやSOHOサイトで英語が堪能な方に頼んで一度作ってもらいます。

ランサーズ

クラウドワークス

Gengo

など、探せば他にもいろいろなサービスがあるので調べてみてください。

私は、糸川さんが運営されているVERBALLYという翻訳サービスを利用しています。

使い放題なので、好きな時に好きなだけ専属の翻訳者に直接依頼することができます。

VIP交渉のメールはGoogle翻訳でも問題ないという方もいますが、それだとレスポンスが低下すると思います。

逆で考えてみてください。

あなたが会社を経営していて、カタコトの日本語で海外からメールが送られてきたら、信用できますか?

メールの内容以前にスルーすると思いませんか?

だから、せめて最初の交渉文の作成ぐらいは、プロの翻訳者に依頼しましょう。

 

「知らない人にお金払って頼むのは怖い」

と思うかもしれませんが、英語に自信がないのであればご自身で翻訳することはおすすめしません。

自分で中途半端な英語をしてしまうぐらいなら、詳しい人に翻訳してもらう方が効率が良いのは言うまでもありません。

英語を読んだり書いたりする時間の方がよっぽど時間的にロスになります。

 

ただ、たくさんお金をかかるのは当然避けたいですよね。ですから、

メールはその都度、翻訳依頼するとお金がかかるので、1通のメールを使い回せば十分です。

相手の返信を読む時も、難しい内容でなければGoogle翻訳で十分ですし、わからなければ上記の翻訳サービスを使えばいいでしょう。

後は送るだけなので、VIP交渉は必ずするべきです。小さな手間ですが、それをするかしないかだけでも積み重ねれば大きな違いがあります。

 

キャッシュバックを利用して安く買う

キャッシュバック

キャッシュバックサイトに登録されているショップもあるので、利用できるのであれば利用すべきです。

見つけた買い付け先がキャッシュバックサイトに登録されていれば1-15%ほどキャッシュバックが受けられるので、必ずチェックしておきましょう。

(キャッシュバックサイトについては後ほど詳しく説明していきます)

 

 

仕入れ先を見つけられる2つのアプローチ

 

では、キャッシュバックの詳しい話の前に仕入れ先を探してみます。

まず、仕入れ先のリサーチは大きく分けて2つの方法があり、

  1. 海外ショップまとめサイトから探す
  2. 買い付けをしたいブランド取扱店から探す

以上の方法から買い付け先を探していきます。

 

ただ、ブランド公式サイトから直接日本に発送してくれる場合もあり便利なのですが、デメリットがあります。

それはブランド公式サイトは定価販売なので安く仕入れにくい、ということです。

結果、セレクトショップの方が安く仕入れることができる場合が多いです。

 

ブランドの公式サイトは仕入れのためではなく、デパートやセレクトショップとの価格差を確認するために確認するようにしましょう。

 

 

BUYMA販売:仕入先を見つける方法①海外ショップまとめサイトから探す。

海外通販WALKERというサイトから探していきます。

ただし、全てのショップが正規取扱店というわけではないので、怪しそうなショップからは絶対に仕入れをしないでください。偽物を扱うのは犯罪ですからね。

http://www.kaigai-tsuhan.com/

このサイトはアメリカだけでなくヨーロッパ圏のショップも多く掲載されていて、取り扱いブランドや国別に検索ができるので非常に便利です。

 

ですが、注意すべきこともあります。各ショップの詳細ページでは

  • 取り扱いブランド
  • 関税が込みなのか別なのか
  • 送料

などが載っていますが、実際の情報と違っている場合があるので実際に調べる必要があります。

 

また、商品価格が同じでも以下の2点は販売価格に大きく影響します。

  • 関税
  • 送料

価格を決めるにおいて、必ずチェックすべきポイントがこの2点。

関税についてはこちらの記事も参考にしてください。販売価格について詳しく説明されています。

BUYMAで価格設定をする際に必ず知っておくべきこと

 

そのほかにも、同じブランドでも国によって値段が大きく異なります。

ブランドの発祥国が安く買い付けができる場合が多いのですが、別の国の方が安く買い付けができる場合もあります。

 

ただ、最初はそこまで考えなくても、利益が出る計算さえ出来ればそのまま売ってもかまいません。

リサーチに時間がかかりすぎて出品が出来なくなっては本末転倒です。

 

 

BUYMA販売:仕入先を見つける方法②買い付けをしたいブランド取扱店から探す

 

次に購入したいブランドから買付先を探します。実際に一緒に操作してみて下さい。

 

準備はよろしいでしょうか?(スマートフォンの方は、パソコンで操作されることをオススメします)

例えば、Monclerの商品を取り扱っているショップを探す場合はyahooの検索窓にMonclerと入力して、一度検索をします。

 


検索結果のページで検索窓の隣に「条件指定」というボタンがあるので、そこから言語を英語・イタリア語・イギリス語(英語)にチェックをして再検索します。(英語だけでもOK)

 

すると、海外のサイトのみ(日本のサイトもいくつかヒットします)出てくるのでその中から探していきます。

ただし、ブランド名だけだと公式サイトやNeiman Marcusなどの大手のデパートがしか出てこない場合があるので、ブランド名+商品名(商品コード)で英語検索をするとより多くのサイト見つかります。

(商品名や商品コードはショップによって取り扱いが違うので、様々な商品名で検索をすると違った検索結果が得られます。)

 

また、polyvoreやnujiというサイトで探したいブランド名を入力すると商品の一覧ページになり、買い付け先も確認することが可能です。

※polyvoreで検索した場合

 

(どちらも日本円で価格が表示されていますが、正しくは無いので実際にアクセスして価格の確認は必要です。)

polyvoreは商品写真の下にショップ名が表示されているので分かりやすいですが、割とメジャーなショップしか出てきません。

nujiは商品ページにアクセスしないとショップが分からないのですが、マイナーなショップも出てくることがあります。

ただ、どちらのサイトにも出てこないショップもたくさんありますので、買付先のリサーチは様々な方法で試すことが必要です。

Polyvore

nuji

上記の方法などで見つかったショップの特徴をよく理解することで、取扱商品の幅を広げることができるので買い付け先のリサーチは定期的に行うといいでしょう。

グローバル化が進んでいっているので、昨日まで日本に発送していなかったショップが日本への発送を始めていることもあります。ですから、ここで

「安いけど日本に発送していない」

と諦めずに定期的にチェックすることが重要になります。

 

また、日本に発送していないショップでも現地の代行業者や買い付けパートナーを雇うことで日本に取り寄せることも可能です。

 

 

 

【BUYMA販売】キャッシュバックサイトの利用

では、最後にキャッシュバックについて詳しく説明します。BUYMAの販売者でも面倒くさがって利用していない人がまだ多いので、こういったところでライバルと差をつけていきましょう。

キャッシュバックサイトとは、事前に登録をしておくとそのキャッシュバックサイトに登録をしているショップから商品を購入した際に商品金額の数パーセントが返ってくるサイトです。

(キャッシュバックされた金額はキャッシュバックサイトにプールされ、一定期間経過することでPayPalなどで引き出しが可能になります。)

私がよく利用しているのはDubliTopcashbackというサイト。

 

Dubil

 

Dubli

DubliはVIPメンバーに登録すると全てのショップに+6%のキャッシュバックが受けられるので、ほぼ全ての登録サイトが10%割引以上で買い付けが出来ます。

また、現在日本語対応となっているので、英語が苦手な方でも非常に使い勝手がいいのも特徴です。

 

Topcashback

Topcashback

TopcashbackはDubliでは登録されていない買い付け先で商品を購入する際に利用します。
こちらも日本語のブログがあり、キャッシュバックが反映されなかった場合のクレームの出し方など確認ができるので使い勝手がいいです。

 

注意点

それぞれキャッシュバックが発生して、実際に引き下ろせるのに数週間から数か月かかりますが、為替レートの良い時に引き下ろせば実際のキャッシュバック率よりも高い金額になることもあります。

上記以外にもキャッシュバックサイトは沢山あるので、自分の使い勝手のいいサイトを利用するといいでしょう。
ただし、あまり分散させすぎるよりも2-3つのサイトにしておいた方が無難です。

複数のサイトを持ち出すと、キャッシュバックにこだわりすぎて本来の作業がおろそかになり無駄な時間を費やしかねません。

 

また、同じショップでもキャッシュバックサイトによって還元率が違うことがあります。

よく使うショップが多く登録されているキャッシュバックサイトを利用するといいでしょう。

 

仕入先がキャッシュバックに対応しているか確認する

「買い付け先ショップ名+cashback」で検索をするとその買い付け先がキャッシュバックを受けられるサイトを探すことができます。

キャッシュバック以外にも「買付先ショップ名+coupon(もしくはpromo code、イギリスだとvoucher)」で検索すると、クーポンコードで直接購入時に割引を受けられる場合もありますが、こちらは利用制限や期限があり、実際に使えないことが多いですが一度試してみるのもいいでしょう。

couponは買い付け先のメルマガに登録をしておくと、定期的に送られてくることもあるので必ずメルマガには登録しておきましょう。

商品購入時に次回使えるクーポンを発行してくれる場合もあります。

(商品にクーポンコードが同梱されている場合もあります。)

ただ注意点として、キャッシュバックとクーポンは併用ができる場合と出来ない場合があります。

VIP交渉で毎回使えるクーポンコードをもらった時などは、キャッシュバックサイトからの還元があるかどうかも確認しておきましょう。

 

例えば、FORZIERIというショップは22,000円以上で送料無料のクーポンが使えるのですが、クーポン利用時はキャッシュバックが反映されません。

(Topcashbackで現在12%のキャッシュバックを受けられるので、送料無料よりもキャッシュバックを受けた方がお得になります。)

 

買付先のリサーチは輸入転売をする上で非常に重要な作業となります。

地道で時間のかかる作業になりますがしっかりやっていくべきです。

そうするとより多くの買い付け先(特にVIP購入できるショップ)を確保することになりますので、価格面だけでなくライバルとの差別化が図れます。

差別化をいかにしていくか、が利益をあげていくための重要な考え方でもあるので、仕入先のリサーチはしっかりとやっていきましょう。

 

  • 買い付け先のリサーチ時にどんなブランドが買い付けができるのか?
  • そのブランドは日本で売れているのか?
  • 価格差があるのか?

など気になる点はたくさんあっても、一つずつ見ていると時間がかかってしまい、他の作業がおろそかになります。

ですから、気になるものはメモをしておき、後でチェックをするようにしましょう。

まずは

  • そのショップが日本に発送できるのか
  • 送料はいくらなのか
  • 関税は込みなのか、別なのか
  • 取り扱いブランドや取扱商品数はどれぐらいか
  • キャッシュバックを受けれるのか
  • VIP交渉を受け入れてくれるのか

このあたりを調べたうえで商品リサーチに移ると効率よくリサーチが進み、外注化もしやすくなるでしょう。

また、ある程度自分で買い付け先のリサーチが進めば買付先のリサーチも外注化できます。

時間が限られてる方はぜひ人の手を借りてでも買付先の開拓を進めていくといいでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は、

  • 安く買える仕入先を多く知り管理するための仕入れの管理の仕方や安く買う方法
  • 仕入れ先を見つけられる2つのアプローチ
  • キャッシュバックサイトの利用方法

3つのお話をしてきました。

  • 仕入れ先は見つけるだけでなく、ちゃんと管理すること。
  • 仕入先にVIP交渉は必ず行うこと。

これらは仕入れをするにあたっての基本ですね。

 

仕入先を見つけるアプローチとして

  • 海外ショップまとめサイトから探す。
  • 買い付けをしたいブランド取扱店から探す。

といった二つの方法をお伝えしました。

これで仕入れ先は自分で見つけられるようになるはずです。

キャッシュバックサイトも活用し、少しでも利益をあげるための工夫も重要ですが、それにこだわりすぎてやるべき作業を見失わないことがポイントです。

 

他にも、BUYMAでビジネスをしていくにあたって利益を高めるために工夫するべきポイントはまだまだあります。

こちらの無料メール講座では、BUYMAの利用の方法といった基礎的な部分はもちろん、

  • 売れやすい商品を選ぶ方法
  • 関税や送料をカンタンに計算して利益を計算する方法
  • VIP交渉をするにあたって知っておくべきポイント
  • キャッシュバックサイトで少しでも利益を伸ばすため活用アイデア
  • 効率的なリサーチの手順(動画解説付き)

他にも、BUYMAでビジネスをする上で必要なことが短期間で一通り学べます。

 

もしあなたがこれからBUYMAでビジネスを本格的に取り組む予定であるならば、必ずこれらの内容をマスターしておいて損はありません。というか、これらの内容を知らずにBUYMAで転売をするのは損です。

メール講座はこちらをクリックしてから無料で登録

 

ヨーロッパブランドの商品は日本に比べてまだまだ安く買い付けができる状況で、2016年現在、バイマはかなり元手の資金もいらず、参入障壁が低いおすすめのビジネスなので、ぜひ挑戦してみてください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
WasaTomonori
WasaTomonori
IBA Writer株式会社SPINS
理美容専門学校卒業後、美容室・自転車屋で働くもサラリーマンとしての将来に不安を感じオンラインビジネスの世界に参入。パソコン知識・英語力ゼロながらも、IBA糸川が講師を務めるRICEWORK LABの0期生としてBUYMA・EC輸入転売のキャリアをスタートし、月商200万円を達成!VIP仕入れ先は6店舗、時計を始め中価格帯ブランドの販売を得意とする。また、日本屈指のコンテンツマーケターである和佐大輔氏のお世話係であり、日常生活からビジネスのサポートに至るまでを担当する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています