個人輸入転売・輸入ビジネスで起業

個人が副業からできる輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

マーケティングの4Pとは

The following two tabs change content below.
Raku Itogawa
学校法人大阪モード学園卒、新卒でアパレルメーカーに入社。その後、アミューズメント・外食・物販事業など新店開発や既存店の収益改善に携わり、マネージャー職を歴任。外食事業を展開する企業では22歳で執行役員に就任。運営責任者として100名以上の人材マネジメントを担当。当時から神田昌典氏や米国のダイレクトマーケターの影響を大きく受け、店舗ビジネスでは10年以上前からダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れてきた。現在、アパレルEC、個人向け貿易コンサルティング、翻訳事業などを行う一方、自らもディストリビューターとして、日本未上陸の気鋭なインポートブランドと独占販売契約を結び、小売店・問屋への卸売事業も行う。BUYMAなど輸入転売での最高月商は700万円。正規輸入での取り扱いブランドは30ブランドを超え、並行輸入からメーカー総輸入元ビジネスまで、アパレルに特化した輸入ビジネスを得意とする。

こんにちは、糸川です。

顧客(お客様)に喜んでもらえる商売(輸入ビジネス)の仕組みを形成していくために重要な要素となるのが、マーケティングの4Pです。

この4つのPをいかに戦略的に活用していくかがビジネスの鍵となるわけですが、そもそも4Pとは何かということを解説します。

商品(Product)、価格(Price)、流通経路・チャネル(Place)、プロモーション(Promotion)の4つのPが頭文字のマーケティング・ツールを活用し、標的顧客(マーケット)に受け入れられる組み合わせを検討し、最適化する。

まあ、一言でまとめると「戦略的に販売強化を図るために必要な考え方」です。
マーケティング戦略において望ましい反応を市場から引き出すために、この4つのPを組み合わせ戦略化することを「マーケティング・ミックス」といったりします。

標的とするマーケットから自分が望む反応を引き出すためには、これらのツールを効果的に組合せる必要があるわけなんですね。

少し抽象的な表現でわかりづらいかもしれません。

では、具体的に何をすれば良いのかは無料メール講座で語っていきます。

ネット輸入ビジネスに興味のある方は、とりあえず登録してください。

▼IBA無料メール講座のご登録はこちら

http://freetrente.com/mailmag/acc.cgi?id=141048665584910

★✩ご登録特典✩★
1.輸入ビジネススタートアップ動画【準備編】
2.内外価格差のある輸入商品20リスト

▼IBA無料メール講座のご登録はこちら

http://freetrente.com/mailmag/acc.cgi?id=141048665584910

▼IBA公式サイト
http://freetrente.com/

▼FBページ
https://www.facebook.com/freetrente

▼アメブロ

http://ameblo.jp/raikoromarin/

ご質問があれば下記へメールを下さい。

cs@freetrente.com

一般社団法人日本ネット輸出入協会 正会員
FREE TRENTEト 代表

Personal Importer 糸川 絡久

“マーケティングの4Pとは” への1件のコメント

  1. Torie より:

    Happy Birthday Hunny, hope it's a good n for ya …have a wonderful day. Jodie did a great job on the yummy cake it looks dem.uiocsi….mmmlmmmm :Dyour card is stunning too hun, Luv the sweet Tilda…fab colours & lush flowers, Good luck in the challenges.xx Lizzy xx 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています

IBAブログを購読

IBAブログを購読して役立つ情報をいち早く受け取りましょう!