戦略型輸入ビジネスで女性の起業を支援

個人が副業からできるバイマ輸入ビジネス|ネットでアパレル商品を輸入転売

クレジットカードの限度額を超えたらどうするのか?

The following two tabs change content below.
Raku Itogawa
学校法人大阪モード学園卒、新卒でアパレルメーカーに入社。その後、アミューズメント・外食・物販事業など新店開発や既存店の収益改善に携わり、マネージャー職を歴任。外食事業を展開する企業では22歳で執行役員に就任。運営責任者として100名以上の人材マネジメントを担当。当時から神田昌典氏や米国のダイレクトマーケターの影響を大きく受け、店舗ビジネスでは10年以上前からダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れてきた。現在、アパレルEC、個人向け貿易コンサルティング、翻訳事業などを行う一方、自らもディストリビューターとして、日本未上陸の気鋭なインポートブランドと独占販売契約を結び、小売店・問屋への卸売事業も行う。BUYMAなど輸入転売での最高月商は700万円。正規輸入での取り扱いブランドは30ブランドを超え、並行輸入からメーカー総輸入元ビジネスまで、アパレルに特化した輸入ビジネスを得意とする。

こんにちは、糸川です。

仕入れが一気に増え、クレジットカードの限度額に達してしまった時はどうしたらいいか?

クレジットカードは購入時にお金を払う必要のない「信用取引」ですから、利用者の信用度や利用実績によって限度額が定められてて、作ったばかりのカードだと20万円くらいまでしか利用できません。

一般的には最初の段階での利用限度額は10~50万くらいといわれ、初期の限度額が高いと評判の「三井住友VISAカード」でも40~200万円くらいだそうです。
ちなみに限度額に幅があるのは、職業とか年収とかによって限度額が異なるからで、普通のサラリーマンなら20万くらいではないかと思います。

もちろん利用額が増え、支払いを怠っていなければ限度額の引き上げがクレジットカード会社から連絡があります。

でも、クレジットカードで決済したいが限度額に達してしまった時の便利な裏技を紹介します。

VISAデビットなら限度額がありません。

先に書いたとおりクレジットカードは信用取引だから限度額があります。
つまり、信用取引ではなく即時決済でクレジットカードと同じように使えるVISAデビットカードなら限度額など気にせずに使えます。

スルガ銀行のVISAデビットなら、口座にお金がある限り幾らでも使えるようです(楽天バンクのVISAデビットは限度額100万円)

こういう方法もあります。

ただ、限度額が低い間は、クレジットカードを複数所有しておくことをお勧めします。

BUYMA(バイマ)、Amazon(アマゾン)、独自ECショップなど複数の販売チャネルで稼ぐ「ゼロから始める無在庫ネット輸入ビジネス」の最新の成功事例、トレンド、テクニックなどを完全無料でお届けしています。

「終わりなき労働生活から脱却し、自分史に変革を起こすキッカケをつくろう」
さらに深い儲けの秘密を知りたい方は、IBA無料メール講座にご登録ください。

▼IBA無料メール講座のご登録はこちら
http://freetrente.com/mailmag/acc.cgi?id=141048665584910

▼あなたの輸入ビジネスを飛躍させる【IBAゴールド会員】のお申込みはこちら
http://freetrente.com/goldmember/

▼輸入ビジネスの基本をマスターするオンラインスクール【パーソナルインポーター養成講座】はこちら
http://freetrente.com/personal_importer/
※パーソナルインポーター養成講座では、3ヶ月と6ヶ月の2プランをご用意しています。常時定員は最大30名となりますので、興味がある方はお急ぎください。

▼あなたの不安や疑問にお応えする【無料メールコンサルティング】はこちら
http://freetrente.com/mailconsulting/

▼IBA公式サイト
http://freetrente.com/

▼公式FBページ
https://www.facebook.com/freetrente

▼ご質問があれば下記までお気軽にお問い合わせください。

cs@freetrente.com

一般社団法人日本ネット輸出入協会 正会員
FREE TRENTE 代表
Personal Importer 糸川 絡久

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新の記事

こちらの記事もよく読まれています

IBAブログを購読

IBAブログを購読して役立つ情報をいち早く受け取りましょう!